Home > Search

音楽の部屋 Let's enjoy music! - リンベによる検索結果 :

週末のお勧めコンサート♪

明日、7月6日(土)のお勧めコンサートを3つご紹介します☆

一つめは、東京であるフルートアンサンブルのコンサート♪

シエナ・ウインドオーケストラの西田紀子さん、金野紗綾香さんなど、

素敵なフルーティスト10名によるアンサンブルで、超お勧めコンサートです☆

お近くの方は、是非、お出かけください♪ ^^

----------------------------

♪2013年7月6日(土)14:00~(開場13:30)

Flute Ensemble The Step Flute Concert vol.11

会場:Hakuju Hall
   (代々木公園駅・代々木八幡駅より徒歩5分)

<出演>
フルートアンサンブル「ザ・ステップ」
野口博司・前田美保・上田章代
横山由布子・岡本謙
池邊昇平・西田紀子・向井理絵
金野紗綾香・赤木香菜子

<曲目>
J.S.バッハ:
ブランデンブルク協奏曲第二番BWV1047
福島弘和:
雨の庭~フルート五重奏のための心象スケッチ
ベルトミュー:猫
マウリー:チェンジース
マシャイエキ:決闘
コダーイ:
ハンガリー民謡「くじゃく」による変奏曲

<料金>
3500円(全席自由)

<お問合せ>
090-3331-9087(岡本さん)へ

----------------------------

2つ目は神戸である「ジクールアンサンブル」のサマーライブ♪

モンゴル・中国の民族楽器などによる素晴らしいアンサンブルです☆

サウガさんの笛、山本さんの楊琴、鳴尾さんの二胡、どれも素敵な音色です♪

まだ、聴いたことがないという方、是非、一度聴いてみてください!

----------------------------

♪2013年7月6日(土)14:00~(開場13:30)

ジクールアンサンブル 2013年サマーライブ

会場:旧グッゲンハイム邸
   (JR、山陽電車「塩谷」駅から徒歩5分)

<出演>
ジクールアンサンブル
笛子・リンベ・フルス等:
M.サウガゲレル
楊琴:山本敦子
二胡:鳴尾牧子
チェロ:重松涼子
打楽器:山下嘉範

<プログラム>
ジクールオリジナル曲 ほか

<料金>
前売 2500円 当日 3000円

<お問合せ・お申込み>
ジクールオフィス
     06-6863-3977
   メール

----------------------------

最後は、神戸フィルハーモニックの定期演奏会♪

今回は、グリンカ、イワーノフ、ショスタコーヴィッチです☆

ロビーコンサートも、あります♪

----------------------------

♪2013年7月6日(土)14:00~(開場13:30)

神戸フィルハーモニック 第66回定期演奏会
            ~ロシアの熱き想い~

会場:神戸文化ホール 大ホール

<出演>
指揮:朝比奈千足
管弦楽:神戸フィルハーモニック

<曲目>
グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
イッポリトフ=イワーノフ:組曲「コーカサスの風景」Op.10
第1曲「峡谷にて」
第2曲「村にて」
第3曲「モスクにて」
第4曲「酋長の行列」
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ニ短調 Op.47

<料金>
一般 前売:2500円 当日:3000円
高校生以下 前売/当日:1000円

<チケット販売>
神戸文化ホールプレイガイド 078-351-3349
神戸コンサート協会 078-805-6351
チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード 199-371]

<お問合せ>
(公財)神戸市民文化振興財団 078-351-3597

----------------------------

2011年にできたこと♪ (2)出演した演奏会など

皆さま、明けましておめでとうございます♪

   年賀状はこちらから

今年の話をする前に、去年の回顧録の続きです (^_^;

●出演した演奏会など

  2011年1月22日(土)14:00~
    第1回 なんでも発表の会@関西 Music Concert♪
    兵庫県立尼崎青少年創造劇場 ピッコロシアター小ホール

    フルート(J.S.バッハ(?) フルートソナタ BWV1031)と歌(シューベルト)で参加

  2011年2月12日
    兵庫ヴォーカルアンサンブルコンテスト2011
    神戸市灘区民ホール(うはらホール)

    室内合唱団えべっさんす(パレストリーナ Sicut Cervus)で参加

  2011年3月27日(日)13:30~
    久保田裕美フルート教室とその仲間達による Music Concert
    NHK神戸放送局・トアステーション

    フルート(独奏&アンサンブル、全体合奏)と歌で参加全体合奏(フルートで参加)

    全体合奏
      ベイリー/ロングロングアゴー
      森山良子/この広い野原いっぱい
    歌&フルート
      シューベルト作曲(藤井恒編曲)/ます
    フルート独奏
      W.A.モーツァルト/6つのソナタよりへ長調 KV13
    フルートアンサンブル
      マスカーニ/カヴァレリア ルスティカーナ による間奏曲

  2011年6月12日(日) 14:00~
   LA FENCE演奏会 MAGNIFICAT × MAGNIFICAT
  兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール

    合唱団 LA FENICE で参加

  2011年6月12日(日)16:00~
    第22回 千里バッハ合唱団・千里バッハオーケストラ演奏会
    吹田メイシアター 大ホール

    千里バッハ合唱団で参加
    J.S.バッハ/ヨハネ受難曲  ほか

  2011年7月16日(土)
    フルートアンサンブル演奏会

    神戸市舞子

    有志によるフルートアンサンブル
    フルートと歌で参加、アンコールで口笛独奏!
  

  2011年7月30日(土) 13:00~/15:00~/17:00~
    東日本大震災支援 第3回チャリティーコンサート in Kyoto♪
    京都市・プロラボ エイエムエス 写真スタジオ

    独唱(夏の思い出/ふるさと/シューベルト)で参加
    
  2011年7月31日(土) 14:00~/16:00~
    東日本大震災支援 第4回チャリティーコンサート in Kyoto♪
    京都市・プロラボ エイエムエス 写真スタジオ

    室内合唱団 バッカス コンソート & フルートで参加
    J.S.バッハ:ヨハネ受難曲より  コラール/バスとソプラノのアリア

  2011年8月27日(土) 16:00~
    東日本大震災支援 第5回チャリティーコンサート in Osaka♪
    大阪市・プラネスーペリア与力町 1階集会室

    独唱(シューベルトなど)で参加

  2011年11月27日(日) 14:00~
    オペレッタ「メリー・ウィドウ」大東公演
    大東市・サーティホール 大ホール

    フォーゲルザング合唱団で参加

  2011年12月17日(土) 13:30~/16:00~
    東日本大震災支援 第7回 チャリティーコンサート in Kobe♪
    神戸市・ロッコーマンホール

    独唱で参加(「サウンドオブミュージック」より、芽吹きの里)

  2011年12月23日(日) 11:30~
    2011年冬季合同発表会 二胡・笛子・葫芦丝・リンベ・楊琴
    豊中市・ローズ文化ホール

    笛子・葫芦丝の独奏、笛子・リンベでアンサンブル・合奏に参加

  2011年12月24日(土) 19:00~
    アンサンブルフロイント
    ベートーヴェン 交響曲 第9番 演奏
    大阪市・ファッチャ京橋

    合唱で参加

  *********************************

今年は、最初の本番が2月26日(日)にある予定で、明後日(1月3日)に合わせです!

フルートと歌、両方やる予定なので、ガンバリマス!!

  

民族音楽合同発表会♪

昨日、12月23日は、豊中市立ローズ文化ホールで民族楽器の合同発表会がありました♪

合奏の合わせが9時30分からスタートして、11時開演、途中、20分ほどの休憩を挟んで17時30分まで、

6時間以上にわたる長い発表会でした (^_^;

プログラムは全部で55あって、私はソロ2曲、笛のアンサンブル2曲、全体合奏2曲に参加しました♪

ソロの曲は

   姑蘇行(江先渭) ・・・ 笛子(C調)
   姑娘行来愛唱歌(朱里千) ・・・ 葫芦丝(G調)

の2曲を楊琴の伴奏つきで演奏しました♪ 

特に笛子の演奏は、練習不足が露呈してしまいましたが、

演奏自体は楽しくやることができました♪

リンベと笛子にゆる笛のアンサンブルは、

   先生も含め笛6人とピアノまたは打楽器&楊琴とのアンサンブル



   海よ、故郷(王立兵)
   賽馬(黄海懐)

の2曲を演奏しましたが、私は

   海よ、故郷 は 笛子(D調)、
   賽馬 は リンベ(F調)

で演奏しました♪ 全体合奏は、

   リンベ・笛子 6名
   楊琴 4名
   二胡 28名
   中胡 12名
   チェロ 1名
   打楽器 4名

による大合奏で、

   剪羊毛(オーストラリア民謡)
   ジングルベル(J.S.ピアポント)

の2曲を最後に演奏しましたが、

   剪羊毛 は 笛子(D調+G調)

で、

   ジングルベル は 笛子(G調)

で演奏したので、私は結局、

   リンベ 1本(F調)
   笛子 3本(C調、D調、G調)
   葫芦丝 1本(G調)

の合計 5本の笛を吹いたことになります (^_^;

週末のコンサート ジクールアンサンブル 2011 東方見聞録♪

今度の日曜日に、モンゴルや中国の民族楽器を使ったコンサートがあります♪


♪2011年2月6日(日)14:00~
  ジクールアンサンブル2011 東方見聞録
  会場:吹田メイシアター小ホール

  アクセス:阪急千里線「吹田」駅前

  チケット:前売り2,500円(当日3,000円)

  出演:ジクールアンサンブル


リンベ(モンゴルの横笛)や笛子(中国の横笛)を指導していただいているマハバル・サウガゲレルさんも所属されているジクールアンサンブルによる演奏会です♪

オリジナルの新作組曲も演奏されるそうなので、お近くの方、お時間がある方は是非、聴きに行ってみてください♪

民族楽器のアンサンブル♪

今日は民族音楽の教室の生徒8名が集まって、先生の指導の下、

    笛子(中国の横笛)とリンベ(モンゴルの横笛)

を使ってアンサンブルの練習をしました~♪

これから、定期的に練習を続けて、

    演奏会もできるようになればいい・・・

と先生が提案されて、実現したもので、

    早ければ、来年には演奏機会ができるかも

しれません。今回の参加者は8名でしたが、今後、

    フルス(中国の瓢箪の笛)

も加わって、もう少し人数が増える予定です。

軽い気持ちで始めたリンベと笛子ですが、

    結構、本格的な方向に発展しそうな感じです (^_^;

2010年、私にできたことは・・・♪

今年もあっという間に終わってしまいそうですが、

今年は、音楽に関連したことをずいぶん、いろいろやりました♪

・自分が企画したイベントが3回

  3月末~4月初
      写真展+コンサート「さくら、桜・・・」
      神戸・さくらみかふぇ

  5月 フルートとピアノによる「名曲コンサート」
      ムラマツリサイタルホール新大阪

  8月末 写真展+コンサート「水の彩、水の音」
       神戸・さくらみかふぇ

・自分が出演した演奏会・発表会が6回

  3月  発表会
       NHK神戸放送局/トアステーション
       フルートで参加
       バッハのソナタ C-dur & アンサンブル

  4月  「さくら、桜・・・」コンサート
       神戸・さくらみかふぇ
       歌で参加
       モーツアルトとシューベルトの歌曲

  6月  千里バッハ合唱団・千里バッハオーケストラ演奏会
       吹田メイシアター大ホール
       合唱(1st テノール)で参加
       バッハのモテット、カンタータ、ウィリアムスのミサ曲を演奏

  9月  発表会
       神戸六甲・里夢
       フルートで参加
       テレマンのトリオソナタ F-dur (フルート+ヴィオラ+ピアノ)

  10月  街角コンサート
       神戸元町四丁目商店街特設ステージ
       神戸フィルのメンバーとその仲間たちによるコンサート
       フルートアンサンブル「エトワール」のメンバーとして参加

  12月  民族音楽発表会
       豊中ローズ文化ホール
       リンベのソロとアンサンブルに参加

・参加した録音が1回

  2月  パレストリーナのミサ曲の録音
      甲東ホール
      1stテノールとして参加

この他、演奏会の録音や写真・ビデオ撮影を何度もさせて頂きましたし、

フルート、トラヴェルソ、リンベのレッスンも欠かさず受けました♪

8月と12月にはフルートの特別レッスンもも受けることができました♪

合唱の練習も、9月からは2つの合唱団に所属して続けています♪

演奏会も、結構、行ったような・・・ (^_^;

音楽関係の友人、知人もずいぶん増えました♪

音楽については、充実して、本当に楽しい1年でした~☆

   ・・・ 来年も楽しく音楽ができるといいなぁ~♪

ト音記号、ヘ音記号、ハ音記号・・・♪

楽譜に書かれている音部記号には、

  ト音記号、ヘ音記号、ハ音記号

の3種類があって、

  ト(G)、へ(F)、ハ(C)

の音の位置を示す記号として使われています。

昔の楽譜だと、それぞれの記号が書かれている位置も数種類ずつあったようですが、

今は、ト音記号とヘ音記号の位置は、
私たちがよく目にする楽譜の位置以外で使われることはほとんどありません。

ハ音記号で書かれた楽譜は、オーケストラのヴィオラパートなどで使われているだけなので、
普通はあまり目にする機会がないと思いますが、今も使われているのは、

  5線の第3線がハ音になるアルト記号
  5線の第4線がハ音になるテノール記号

の2種類です。

バッハの頃の楽譜だと、声楽のソプラノ、アルト、テノールはハ音記号で書かれていますが、
音が5線から上下にはみ出すことが少ないので、慣れれば、

  初見でも歌いやすいというメリットもある

と思います。

フルートのように原則として単音しか出せない旋律楽器を使っていると、

  いつも同じ音部記号で書かれた楽譜だけを見て演奏する

ことになりますが、ピアノなどでは、

  ト音記号とヘ音記号で書かれた楽譜を同時に見ながら演奏

しなければなりませんし、オーケストラなどの指揮者さんは、

  3種類以上の音部記号で書かれた楽譜を全部理解

していないと、指揮ができないことになります。

  ****************************************

最近、フルートを始めるようになって、

  フルートだけで、二重奏、三重奏、四重奏などのアンサンブル

をする機会も持てるようになりましたが、普通のフルート(コンサートフルート)だけの楽譜は、

  どのパートもト音記号で書かれています。

ところが、私はピアノを弾いたり、合唱もしているせいで、

  二重奏の楽譜の2ndフルートの部分が、ヘ音記号で書かれている・・・・

と勘違いしてしまったり、

  四重奏の楽譜の4thフルートの部分は、ヘ音記号で書かれている・・・・

と勘違いして、音を間違えてしまうことがあります。

少し練習して慣れれば、大丈夫なのですが、

  初見で吹くときに、うっかりしていて間違ってしまう

ことが多いようです (^_^;

最近は、フルートのレッスンで

  フルート二重奏の曲集を使って、初見演奏の練習

もしているので、だんだん慣れていくと思いますが、気をつけたいと思います。

   *************************************

9月19日(日)にフルートの渡辺玲子さんが主催される発表会が神戸・六甲の里夢であります。

その発表会に、私も参加して、

  テレマン の トリオソナタ F-dur

を、フルート、ヴィオラ、ピアノで演奏させて頂くことになりました♪

この曲は、元は

  フラウト・ドルチェ(リコーダー)、ヴィオラダガンバ、通奏低音

のために作られたもののようですが、これを今回は

  フルート、ヴィオラ、ピアノ(通奏低音)

で演奏します。

で、この楽譜の

  ヴィオラのパート は ハ音記号(アルト記号)

で書かれています。

  アンサンブルをする時は、他のパートが何をしているか

を理解している必要があります。

  楽譜を見れば、ある程度のことはわかります

が、

  実際に音を出して見た方が、理解が深まります。

そこで、

  ヴィオラのパートも、フルートで吹いてみた

のですが、

  ハ音記号(アルト記号)で書かれている

ので、

  ト音記号(ヴァイオリン記号)の楽譜と、2度(1音)ずらして読んでいく

必要があります。最初はちょっと混乱しましたが、

  慣れてくると、意外と大丈夫だ

ということがわかりました♪

昨年の秋から、リンベ(モンゴルの横笛)も始めたのですが、

  リンベ(B♭管)を吹く時に、私は楽譜を3度ずらして読んでいる

ので、

  楽譜の読み替えにだいぶ慣れて来た

のかもしれませんね♪

モンゴルの風にのせて♪

3月22日に、リンベの先生が企画、出演された「モンゴルの風にのせて」という
コンサートを聴きに行って来ました♪

今回のコンサートは、先週、来日されたモンゴルの3名の音楽家と
先生と奥様の5人によるものです。

来月上旬まで、いくつかのコンサートをされるようで、
昨日は浜松市楽器博物館でレクチャーコンサート
もされたようです。

今回の演奏は、私の先生がリンベ、ホーミー、口琴を、
奥様がヨーチンを、バトトゥグスさんがモリンホールとホーミーを、
バトバヤルさんがビシュクールとホーミーを、
バトツェツェグレンさんが、オルティンドー、ボギンドー、口琴などをされました。


★モンゴル民族アンサンブル「モンゴル・アヤルグー」
   モンゴルの風にのせて

 日時:2010年3月22日14:00~
 会場:ノワアコルデ音楽アートサロン

 主催:モンゴル伝統芸術協会
 後援:モンゴル国ホーミー協会

 <出演>
     M.サウガゲレル(リンベ、ホーミー)
     O.バトトゥグス(モリンホール、ホーミー)
     J.バトバヤル(ビシュクール、ホーミー)
     B.バトツェツェグレン(オルティンドー、ボギンドー)
     山本敦子(ヨーチン)

 <プログラム>
     オルティンドー独唱/スンデル山
     合奏/モンゴルの二つの民謡 ~美しき光景~オムザンダンの木のテーブル~
     モリンホール独奏/ウーレン・ボル(雲のように速く駆ける馬)
     ホーミー独唱/ホーミーのメロディー
     ビシュクール独奏/3つの民謡による変奏曲
     リンベ独奏/モンゴルの四季
     ヨーチン独奏/ツォフリン・アイ
     マグタール/アルタイ山の讃歌
     紅木リンベ独奏/競馬
     口琴/モンゴルの口琴の演奏
     ホーミー/モンゴルの二つの民謡 ~ボヤント川~軽快なホニン・ジョロー馬~
     モリンホール独奏/ラクダの速歩
     ボギンドー独唱/四季の草原
     合奏/ジェラム・ハル(黒毛の駿馬)
     マグタール/チンギスハーンの讃歌

このうち、ビシュクール(*)という管楽器は、初めて目にする楽器で、
日本で演奏されることはほとんどないのでは・・・と仰っていました。

で、今回も先生が「モンゴルの四季」という長い曲を、循環呼吸、ノンブレスで
演奏されたのですが、どこで息を吸っているか全くわからない演奏でした。

リンベを習い始めた目的の一つは、この循環呼吸を教えて欲しい。。。という
ことなので、レッスンの時に、お願いしてみようかと思っています♪

楽しい1年でした♪

2009年ももう少しで終わりますね。

あっという間の1年でしたが、私にとっては意義深く、楽しい1年でした♪

1年前の今頃は、年明けの1月11日のフルートの発表会で吹く

    C.P.E.バッハのハンブルガーソナタ

を必死で練習していました。フルートを始めて1年半ほどしか経っていませんでしたから、
かなり無謀な選曲だったのですが、我ながらよく頑張ったと思います。

この発表会は神戸芸術センターのプロコフィエフホールであったのですが、

   テレマンのカノンによるソナタ 第3番 第3楽章

の二重奏も先生と一緒に演奏させて頂き、とてもよい経験ができました。

同じ頃、合唱も再開したいという思いが強くなり、
3つほどあった候補の中から、1月末に千里バッハ合唱団の練習を見学に行って、
その場で入団することになりました♪

最初、2ndテナーを歌うつもりだったのですが、1stテナーをやることになりましたが、
6月と9月の演奏会でやるJ.S.バッハのロ短調ミサの譜読みが終わっている段階で入団したので、
他の方に追いつくため、最初の1か月ほどは必死で譜読みをしました。

3月~4月には、第7回神戸国際フルートコンクールが開催されたので、
予選から会場に通って、たくさんの演奏を聴きましたが、
これはとてもいい勉強になりました。

また、この頃からフラウト・トラヴェルソ研究会も始まって、
モダンフルートに加えて、トラヴェルソの練習も始めました。

4月19日にはムラマツリサイタルホール新大阪で、MFLC大阪の発表会があり、
   J.S.Bach チェンバロ協奏曲第5番 BWV1056 第2楽章 ラルゴ
を原調で吹きました。ミスもありましたが、いつものように落ち着いて楽しく演奏出来たので
良かったと思います。

MFLCの方は、5月からフルートの先生が変わって、
それまでやっていたレッスンの内容から、がらっと変わってしまいました。

6月になると、ロ短調ミサのオケ合わせも始まり、

   6月29日 大阪・厚生年金会館芸術ホール
   8月1日  東京・紀尾井ホール

の演奏会に出演することができましたが、
どちらも、とても楽しく歌うことができました♪

この演奏会では、フルートを指導して頂いている久保田裕美さんと
その師匠にあたる大江浩志さんがオケにのっておられたので、
思いがけず3人で同じステージに立つという、
貴重な体験もすることもできました♪

合唱団の中に、ヴィオラとヴァイオリンをやっておられる方がおられることが、
大阪の演奏会の後の打ち上げ会の時にわかって、
テレマンのトリオソナタなどをヴィオラ+フルートで演奏(練習)する機会も
できるようになったのも、嬉しい出来事でした。

フルートのレッスンは、1年以上、2人の先生の指導を受けていたのですが、
9月に入ってからMFLCで5月から指導して頂いていた新しい先生のアドバイスに従って、
MFLCの方はやめて、一人の先生の指導を受けるようになりました。

一方、8月末の演奏会で聴いたモンゴルの笛、リンベの演奏に感動し、
9月からリンベのレッスンも受けるようになりました♪

昨年も門下生の有志が集まってフルートアンサンブルをする機会があったのですが、
今年はフルートアンサンブル「エトワール」としての演奏活動も始まり、
10月には神戸の元町商店街の「街角コンサート」に出演させて頂き、
フルートアンサンブルと一緒に独唱する・・・という貴重な経験もできました♪

演奏会にも行く機会が増えて、いろいろな音楽家のみなさんとの交流もできて、
本当に充実した1年でした。

来年は、1月10日に前田りり子さんのトラヴェルソのレッスンを受けることになっています。
3月14日には、フルートの発表会が神戸(NHK神戸放送局・トアステーション)であって、

    バッハのフルートソナタ BVW1033

を演奏するので、それに向けて練習を続けています♪

3月30日(火)~4月4日(日)には、神戸のJR元町駅のすぐ北側にある「さくらみかふぇ」で、

    写真展&コンサート 「さくら、桜」

を開催する予定です。私が全国各地で撮影さいた「さくら」の写真を見ながら、生演奏も楽しもう・・・というコラボ企画です。

メインの有料コンサートは4月3日(土)に予定していて、久保田裕美さんにフルートの演奏をして頂き、
佐野まり子さんがピアノ伴奏をして下さる予定です。
私も春らしい歌をちょっと歌わせて頂くことになると思います。

それ以外の日にも、アマチュアによる無料のミニコンサートをやりたいなぁ。。。と考えているところです。

そして、5月16日(日)には、ムラマツリサイタルホール新大阪で、

  久保田裕美(フルート)と佐野まり子(ピアノ)による「名曲コンサート」

を開催します。絶対にお勧めのコンサートですので、、チケットを買って下さいね♪

6月20日(日)には、吹田メイシアター大ホールで行われる

  千里バッハ合唱団 第21回公演

に出演する予定です。今年は

  J.S.バッハ          モテット第1番
                  昇天祭オラトリオ
  ヴォーン・ウィリアムズ  ミサ曲

を演奏することになっています。

その後は、まだ未定ですが、8月にも写真展+コンサートのコラボ企画ができるかも知れません。

という訳で、来年も音楽をいっぱい楽しみたいと思います!

いろんな横笛

  • 2009-12-06 (Sun)
フルートを初めてから、モダンフルート以外の笛を吹く機会も増えてきました♪

自分で持っているのは、今のところ

  モダンフルート
  ピッコロ
  フラウト・トラヴェルソ
  クリスタル・フルート
  クリスタル・ピッコロ
  リンベ(モンゴルの横笛)

ですが、楽器店でいろいろなフルートやピッコロを試奏させてもらったり、
先生のところで、ほかのフラウト・トラヴェルソや

  ソグン(韓国の笛)

を吹かせてもらったこともあります。
(ソグンはほとんど音を出せませんでしたが・・・)

先日は、前田りり子さんの古楽器(トラヴェルソ)セミナーを聴きに行って、
セミナーが終わった後で、前田りり子さんが持ってきておられた

  ルネサンスフルート~モダンフルート(ルイロット)

に至るいろいろなフルートを吹かせて頂きました♪

ルネサンスフルートは、穴が小さくて大きな音は出ませんし、
半音を出すのは難しいですが、
短いソプラノフルート(?)はなかなかいい音で気に入ったので、

  「これ、いいですね♪」

と言ったところ、前田りり子さんも「気に入ってます!」と仰っていました。

たくさんのキーがついたフルートの吹き方(音の出し方)も簡単に教えてもらって
試してみましたが、すぐに・・・という訳にはいきそうにありませんでした。

1月にトラヴェルソのレッスンを受けられることになったので、
またいろいろ教えて頂こうと思います♪

モンゴルの笛、リンベも、9月からマハバル・サウガゲレルさんに教えて頂いているのですが、
こちらは穴が大きいので、かなり大きな音が出ます。

基本的な吹き方は、中国の笛子も同じなので、数字譜が読めるようになれば、
笛子も吹ける・・・ということがわかったので、また楽しみが増えそうです♪

  

11月中旬のコンサート情報

11月中旬のお勧めのコンサートを紹介します♪

なお、11月21日(土)には、フルートの久保田裕美さんとハープの奥田季子さんのデュオリサイタルもありますので、
こちらにも、是非、お出かけ下さい♪


 ○ジクール・アンサンブル2009
  2009年11月11日(水)19:00~(18:30開場))
  吹田メイシアター小ホール
 <出演>
    リンベ/ホーミー:マハバル・サウガゲレル
    揚琴:     山本 敦子
    二胡:     鳴尾 牧子
    チェロ/大胡: 重松 涼子
    パーカッション:山下 嘉範
 <料金>
    2000円(当日2500円)
 <問い合わせ>
    ジクールオフィス
    TEL 06-6863-3977

 ★モンゴル音楽、中国音楽、クラシック、とバックグラウンドの異なる5人のメンバーからなるアンサンブルによる演奏です♪
   二胡、揚琴、笛子、モンゴルのリンベやモリンホールなどの民族楽器に、チェロやパーカッションを加えた編成で、アジア各地の伝統音楽からオリジナルまで、幅広く演奏されます♪
   モンゴルの笛リンベを演奏されるのは、マハバル・サウガゲレル さんです♪
   まだ演奏を聴いたことがない方は、ぜひ、一度演奏をお聴きになってみてください♪

  ○入野みえ ソプラノ リサイタル
    コロラトゥーラ オペラアリア コンサート
    2009年11月15日(日)15:00~(開場:14:30)
    サーティホール(大東市立総合文化センター小ホール)
   <出演>
     ソプラノ:  入野 みえ
      ピアノ:   藤里 香世
     フルート:  久保田裕美
     ヴァイオリン:高橋 太郎・寺西 一巳
     ヴィオラ:  奥村 英樹
     チェロ:   伊田 直樹
  <曲目>
     モーツァルト:歌劇「羊飼いの王様」より  ”彼女を愛そう、生涯変わらずに”
     モーツァルト:歌劇「イドメオネ」より ”お父様、お兄様たち、さようなら”
     モーツァルト:ディヴェルティメント ニ長調 K.136
     ドニゼッティ:歌劇「ランメルモールのルチア」より  ”優しいささやき(狂乱の場)”
  <料金>
     前売券:2500円  当日券:3000円
  <問い合わせ>
     サーティホール: TEL 072-873-0030
     恋音(こいね): Email: m-concert@koineworld.com

 ★ ソプラノの入野みえ さんのリサイタルです♪ フルートの久保田裕美さんも出演されます♪


  ○京都フィルハーモニー室内合奏団 特別公演
    千住真理子&京フィル ~Beautiful Sound ビューティフル サウンド ~
    2009年11月15日(日) 14:30 開演 (13:45開場)
    京都コンサートホール 大ホール (地下鉄「北山」駅下車徒歩3分)
 <出演>
    指揮: 籾山 和明
    ヴァイオリン: 千住 真理子
    管弦楽: 京都フィルハーモニー室内合奏団
 <曲目>
    アルベニス:スペイン組曲 op.47 "グラナダ" "セヴィリア"ほか
    ブリテン:岩に刺さった剣
    ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」より“秋”
    クライスラー:愛の喜び
    チャイコフスキー:秋の歌
    モンティ:チャルダッシュ  ほか
 <入場料(前売)>
    A席: 3,500円  B席: 2,000円  (当日券は500円増)
 <問い合わせ>
    京都フィルハーモニー室内合奏団 (TEL 075-212-8275)

 ★私も聴きに行きます♪

モンゴルの笛に感動・・・ミュージック・グランプリ・フェスティバルin兵庫

2009年9月6日(日)にあった

  ミュージック・グランプリ・フェスティバルin兵庫

の感想です。

○ミュージック・グランプリ・フェスティバルin兵庫

   2009年9月6日(日) 14:30開演(14:00開場)
   兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホール

会場へは開演の25分くらい前に着いたのですが、よい席はほぼ埋まっていて、ほぼ満席になりました。

○プログラム

 1.フルート 押部 朋子
     J.ドゥメルスマン/演奏会用ソロ 第6番 ヘ長調 op.82
 2.ソプラノ 福住 恭子
     ヴェルディ/オペラ「運命の力」より ”神よ平和を与えたまえ”
     プッチーニ/オペラ「蝶々夫人」より ”ある晴れた日に”
 3.マリンバ&揚琴 山本 敦子
   リンベ(横笛)&ホーミー マハバル・サウガゲレル
     安倍圭子/山をわたる風の詩(マリンバ)
     リムスキー・コルサコフ/くまんばちの飛行(マリンバ)
     エルデネバト編曲/SAKURA(揚琴)
     民間伝承曲/モンゴルの四季(リンベ&揚琴)
     民間伝承曲/ホーミーのメロディー(ホーミー)
     成田為三/浜辺のうた(リンベ&揚琴)
     ホワン・ハイホワイイ/競馬(リンベ&揚琴)
 4.チェロ 加藤 文枝
     ラフマニノフ/チェロソナタより 第3楽章
 5.ピアノ 佐野まり子
     ラフマニノフ/プレリュード ニ長調 op.23-4
                       ロ短調 op.32-10
                       変ロ長調 op.23-2
 6.ヴァイオリン 瀧村 依里
     J.S.バッハ パルティータ 第2番 ニ長調 BWV 1004より ”シャコンヌ”
 7.トリオ 佐野まり子・瀧村依里・加藤文枝
     メンデルスゾーン/ピアノ三重奏曲 第1番 ニ長調 第1楽章

ピアノの佐野まり子さんが出演されるので聴きに行きましたが、
知人からヴァイオリンの瀧村依里さんの演奏も素晴らしい・・・と聞いていたので、楽しみにして出かけました。

最初に演奏されたフルートの押部朋子さんの演奏を聴くのは4回目だったと思いますが、
今回の演奏が、私にはいちばん心地良かったです。2楽章、3楽章の響きが特に良かったと思います。

ソプラノの福住恭子さんの歌は初めてお聴きしたのですが、オペラ歌手・・・・というお声で、2曲目は特に良い声で歌っておられたと思います。

山本敦子さんは、マリンバと揚琴を演奏されました。マリンバも良かったですが、揚琴の響きもいいなぁ・・・と思いました。
このホールは音が前に飛ぶ歌などよりも、マリンバなどの打楽器に向いているように思います。

マハバル・サウガゲレルさんは、リンベ(モンゴルの横笛)の演奏とホーミー(喉歌)をされましたが、
リンベの演奏には感動しました♪

最初に演奏された「モンゴルの四季」の演奏は、とても綺麗な笛の音でしたし、「浜辺のうた」の演奏では、思わず目がウルウルしてしまいました (^_^;

そして、圧巻だったのが、モンゴルの子供たちがやる「競馬」という曲の演奏で、馬の足音や鳴き声が、みごとに笛の音で再現されていました。

   笛で、こんな表現までできるのか!!

と本当に感動しました!!!

通常のコンサートではないことだと思いますが、会場からも、思わず、驚きの声があがるほどでした。

3曲、それぞれ違う笛を吹かれたのですが、

   モンゴルの笛が欲しい、吹きたい!!

と思った私は、終演後にマハバル・サウガゲレルさんの所へ行って、お話をしましたが、

その後連絡をとりあって、今日の夕方に、豊中でされている教室へお邪魔して、お話を聞かせて頂くことになりました♪

後半は、ピアノと弦による演奏でした。

最初に演奏された加藤文枝さんのチェロは落ち着いた演奏で、正統的な音楽・・・という印象を持ちました。
ピアノの佐野まり子さんは、いつものように、一音、一音に気持ちを込めて、丁寧に演奏されていて、心に響きました。
瀧村依里さんのヴァイオリンは、透明感のある美しい音色で、心が洗われる演奏でした。
瀧村さんの演奏中は会場が本当に静まりかえって、聴衆がヴァイオリンの音色の聴き入っていたのが印象的でした。
今後が楽しみな演奏家です。

後半に出演されたお3人は、いずれも東京藝術大学の出身ということで、
最後に3人でメンデスゾーンのピアノ三重奏を演奏されました。

今回のような出演者が多い演奏会では、十分なリハーサルができないのが普通ですが、
このレベルの演奏家になると、それを感じさせないように演奏されてしまうのは、さすがだと思います。

今回は、ピアノとヴァイオリンの演奏を聴くために行きましたが、いろいろな素晴らしい演奏と出会えました。
特に、モンゴルの笛 には驚かされました!

モンゴルの笛・・・だけの演奏会だったら、聴きに行くことはなかったと思いますから、
こんな風にいろいろなジャンルの演奏を聴くことができる演奏会には、
これからも積極的に出かけるようにしたいと思います♪

ミュージック・グランプリ・フェスティバルin兵庫

今度の日曜日に、兵庫県立芸術文化センター 小ホールで、表記のコンサートが開催されます♪

最近のコンクールなどで入賞、受賞された兵庫県出身の演奏家の方々による演奏会で、
ピアノの佐野まり子さんが出演されるので私も聴きに行きますが、
ヴァイオリンの滝村依里さんの演奏も楽しみです♪

入場無料ですが、整理券が必要なので、事前申し込みが必要です。

まだ申し込みできるかどうか不明ですが、関心がある方は問い合わせをしてみて下さい。

○ミュージック・グランプリ・フェスティバルin兵庫

  開催日:2009年9月6日(日) 14:30開演(14:00開場)
  場所:兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホール

  出演者

   押部 朋子(フルート、2008 宝塚ベガ音楽コンクール木管部門第1位)
   福住 恭子(ソプラノ、2007 松方音楽賞)
   山本 敦子(マリンバ、第8回大阪国際音楽コンクール民族楽器部門第2位)
   マハバル・サウガゲレル(リンベ・ホーミー、同コンクール同部門第1位)
   加藤 文枝(チェロ、2008 ビバホール・チェロコンクール第1位)
   佐野 まり子(ピアノ、2007 青山音楽賞)
   滝村 依里(ヴァイオリン、2008 第77回日本音楽コンクール第1位)

  入場料: 無料ですが、整理券が必要です。

チラシは、佐野まり子さんのWEBサイトで、ご覧になれます。

Search Option

Home > Search

Page Top