Home > Search

音楽の部屋 Let's enjoy music! - トラヴェルソによる検索結果 :

これからのコンサートの予定♪

今月は、8月1日(金)に「ヴァイオリンとピアノの夕べ♪」を主催し、
8月3日(日)にはLA FENICEの「2つのレクイエム」の演奏会で歌ってきました♪

ご来場、下さった皆さま、ありがとうございました☆

今月はフラウト・トラヴェルソの前田りり子さんの演奏会を
8月31日(日)に神戸・ロッコーマンホールで開催します。

超お勧めコンサートですので、是非、ぜひ、ご来場ください!

9月、10月も、いくつかコンサートがありますので、
頑張りたいと思います☆

チャリティーコンサートもあります。皆さまのご支援、お願いいたします☆

2014年8月31日(日)14:00~

  前田りり子 フルートリサイタル

  会場:神戸・ロッコーマンホール
  料金:前売:2500円 当日:3000円
      ※50席限定

2014年9月14日(日)19:00~

  東日本大震災支援 第24回チャリティーコンサート in Shukugawa♪
  
  会場:西宮市立夙川公民館 講堂(大ホール)
  入場料:1000円
       ※入場料は全額、東日本大震災の義援金となります。

2014年10月3日(金)20:00~(予定、時間は変更になることがあります)

  歌とギターのコンサート(タイトル未定)

  会場:RHYコンサートホール(大阪・梅田第3ビル2F)
  
  ※ギターの松岡滋さんの演奏会ですが、
    シューベルトの「美しき水車小屋の娘」から数曲、
    歌わせて頂く予定です。
    詳細、決まり次第、ご案内いたします♪

2014年10月12日(日)14:00~

  混声合唱団シュティンムガーベル  コンサート Vol.2

  会場:南大阪教会(阿倍野区阪南町)

  ※テノールで参加させて頂きます。

2014年10月26日(日)(時間等、詳細未定)

  東日本大震災支援 第25回チャリティーコンサート in Kobe♪

  会場:神戸・ロッコーマンホール

  ※詳細、決まり次第、お知らせします。

----------------

上記の他、9月にフルートの発表会に参加させて頂く予定。
また、10月にフルートのレッスン企画をする予定ですが、
日時等未定です。

11月以降の予定は、また後日。。。



これからのコンサートの予定♪

世間ではGWだそうですが、私は普段と同じような感じで仕事をしています♪

今年は5月には本番はない予定ですが、

6月以降、いくつかの演奏会に出演したり、

主催したりするため、その練習や準備で結構忙しくなりそうです。

以下、8月までに予定しているコンサートです♪

----------------------------

2014年6月1日(日)14:00~

  千里バッハ合唱団・オーケストラ演奏会
  会場:吹田・メイシアター大ホール

  <曲目>
      バッハ:マニフィカート
      メンデルスゾーン:マニフィカート ほか

  <チケット>
      前売 2500円 当日 3000円

  ※合唱で参加します♪
  ※チケットご希望の方は藤井までメールで

2014年6月15日(日)

  第51回 兵庫県合唱際
  会場:伊丹アイフォニックホール

  ※バッカスコンソート(合唱)で参加します。

2014年6月22日(日)

  演奏会形式「魔笛」
  会場:マグノリアホール

  <曲目>
       モーツァルト:歌劇「魔笛」

  ※モノスタトスで参加します♪
  ※詳細は、決まり次第、お知らせします。

2014年7月13日(日)15:00~(予定)

  東日本大震災支援 第23回チャリティコンサート in Kobe♪
  会場:神戸・ロッコーマンホール

  ※主催します。フルートと歌で演奏もする予定です。
  ※詳細は、決まり次第お知らせします。

2014年8月1日(金)

  サロンコンサート
  会場:アール・エイチ・ワイ コンサートホール

  ※主催します。内容未定。
  ※詳細は決まり次第お知らせします。

2014年8月3日(日)14:00~

  Requiem × Requiem Vol.2 ふたつのレクイエム、時を超えて
  会場:兵庫県芸術文化センター KOBELCO大ホール

  <曲目>
   モーツァルト:レクイエム
  ラター:レクイエム

  <料金>
   S席 2500円 学生2000円
   A席 2000円 学生1500円

  <チケット> ※2014年5月6日(火・祝)から発売

    e+ イープラス [PC/携帯] http://eplus.jp/ [直接購入]ファミリーマート
    芸術文化センターチケットオフィス http://www.gcenter-hyogo.jp/ 0798-68-0255 10:00~17:00
     (月曜休み ※祝日の場合翌日) 

  ※合唱で参加します。

2014年8月31日(日)14:00~(予定)

  前田りり子 リサイタル
  会場:神戸・ロッコーマンホール

  ※フラウト・トラヴェルソの演奏会を主催します。
  ※詳細は決まり次第お知らせします。

土日のお勧めコンサート♪

直前ですが、土日のお勧めのコンサートを紹介します♪


一つめは、今日、6月29日(土)の夜に東京であるフルートアンサンブルのコンサートです。
前売り券は全て完売しているそうですが、
当日券が少し出るかもしれないということです。

お近くの方、お時間ありましたら、当日券狙いで。。。

----------------------------

♪2013年6月29日(土)19:30~(開場18:00)

Ensemble Couleurs LIVE series vol.2

会場:art cafe friends
   (東京都渋谷区恵比寿南1-7-8 恵比寿サウス・ワンB1F)

<出演>
Ensemble Couleurs:
新垣 賢司
渡邊 麻美
下払 桐子
多久和 怜子
八木 ちはる

<料金>
一般:3500円(1ドリンク付)
学生:2500円(1ドリンク付)

<お問合せ>
メーテルK プロジェクト

----------------------------

2つ目も今日、6月29日(土)の夜、京都ブライントンホテルであるコンサート♪

----------------------------

第18回 京都リレー音楽祭 662夜

 日時:2013年6月29日 (土)20:00~
 会場:京都ブライントンホテル ロビー

<出演>

  京都バロック楽器アンサンブル
    フラウト・トラヴェルソ、リコーダー:森本英希
    フラウト・トラヴェルソ:出口かよ子
    バロック・ヴァイオリン:森本真裕美・丸山 韶
    ヴィオラ:細川 泉
    チェロ:石塚 俊
    チェンバロ:吉竹百合子  ほか

<曲目>

  テレマン:フルートとリコーダーのための二重協奏曲ホ短調TWV 52:e1
  バッハ:カンタータ第209番「悲しみを知らぬ者」BWV. 209より シンフォニア
                     ほか

※入場無料

----------------------------

3つめは、明日、6月30日(日)に神戸・ロッコーマンホールで開催する
東日本大震災支援チャリティーコンサートです。

今回で15回目になりました。入場無料ですが、募金をお願いいたします。

私も、シューベルトの「水車小屋の娘」の後半9曲を歌います。
お時間ありましたら、是非、応援、お願いいたします☆

----------------------------

♪2013年6月30日(日)14:30~(開場14:00)

♪東日本大震災支援 第15回 チャリティーコンサート in Kobe♪


会場:神戸・ロッコーマンホール
  (神戸市中央区下山手通3-3-19 4階)

<プログラム>


●フルート:高阪智子・寺尾千佳/ピアノ:村田博子

ドップラー:アンダンテとロンド

●ソプラノ:松平 舞以/ピアノ:南歩香

ヘンデル:オラトリオ「メサイア」より
大いに喜べ、シオンの娘よ

●チェロ:小波秀雄/ピアノ:日浦真由美

フォーレ:夢のあとに

●ヴァイオリン:伊藤 博/ピアノ:大久保友加里

シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第1番イ短調 Op.105

●オーボエ:仲 美砂里/ホルン:小林 浩/ピアノ:濵口真理子

ライネッケ:トリオ

●ソプラノ:吉田早希/ピアノ:井原寿美緒

トスティ Tosti:
セレナータ La Serenata
祈り Preghiera
モーツァルト Mozart:
歌劇《ドン•ジョヴァンニ》より 「あの恩知らずは私を裏切り」
《Don Giovanni》Mi tradi quell’alma ingrata
フォーレ Fauré:
月の光 Clair de lune
愛の歌 Chanson d'amour
木下牧子 作曲/やなせたかし 作詞
ひばり
●チェロ:宮下正昭/ピアノ:米倉典子

ヴィヴァルディ:
チェロソナタ第6番変ロ長調
ピアソラ:リベルタンゴ


●フルート:高阪智子/ピアノ:藤本淳子

ノブロー:Andante & Final

●ヴァイオリン:園 歌織/ピアノ:日浦真由美

ガーシュイン:
Rhapsody in Blue
It Ain,t Necessarily So
サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン

●テノール:藤井 恒/ピアノ:濵口真理子

シューベルト:「美しき水車小屋の娘」より
第12曲 休み Pause
第13曲 緑色のリュートのリボンを手に Mit dem grünen Lautenbande
第14曲 狩人 Der Jäger
第15曲 嫉妬と誇り Eifersucht und Stolz
第16曲 好きな色 Die liebe Farbe
第17曲 邪悪な色 Die böse Farbe
第18曲 萎んだ花 Trockne Blumen
第19曲 水車職人と小川 Der Müller und der Bach
第20曲 小川の子守歌 Des Baches Wiegenlied

<入場料>
無料

※東日本大震災支援の募金にご協力ください。
 義援金として日本赤十字社に送ります。

主催:
くりえいとPEN

<お問合せ>
くりえいとPEN(担当:藤井)まで、メールまたは電話(080-1515-3433)でお願いいたします。

----------------------------

そして、最後は、明日、6月30日(日)に大阪であるフルートのコンサート♪

野田博之さんのトークも楽しいコンサートです☆ 

----------------------------

♪2013年6月30日(日)15:00~(開場14:30)

おしゃべりコンサートNo.24
  聴いて、知って、楽しんで


会場:ムラマツリサイタルホール新大阪
   (地下鉄新大阪、JR新大阪駅)

<出演>
フルート:野田博之
チェンバロ:江口恭子

<曲目>
C.P.E.バッハ:フルートとチェンバロのためのソナタ ホ長調 Wq84
J.S.バッハ: 無伴奏フルートのためのパルティータ イ短調 BWV1013
J.G.ミューテル:フルートとチェンバロのためのソナタ ニ長調
J.S.バッハ:パルティータ第1番 変ロ長調 BWV825
J.S.バッハ:フルートとチェンバロのための組曲 ハ短調 BWV997

<料金>
一般:   前売 2000円 当日 2500円
高校生以下:前売 1000円 当日 1500円

<お問合せ>
オプス音楽教室 0798-41-4333

今週末のお勧めコンサート♪

またまた直前になりますが、明日3月15日(金)と明後日16日(土)にある
お勧めのコンサートです♪

----------------------------
♪ 2013年3月15日(金)19:00~/19:50~(開場 18:30)

関井うらら×吉田佐和子 Duo Live 東京公演

会場:名曲喫茶カデンツァ
   (文京区本郷7-2-2本郷ビル地下1階)

<出演>
フルート:  関井うらら
クラリネット:吉田佐和子
ピアノ:   大友清心

<曲目>
宝島
リベルタンゴ
マンボNo.5
さくらのうた
主よ人の望みの喜びよ
            ほか

<料金>
2700円(1ドリンク付)

<お問合せ>
名曲喫茶カデンツ 03-5844-6807

----------------------------
♪2013年3月15日(金)19:00~(開場 18:30)

Ensemble Peri+ Salon concert in OSAKA “Poulenc!!

会場:ドルチェ・アーティスト・サロン大阪
   (JR大阪駅・阪急梅田駅から徒歩5分くらい)

<出演>
アンサンブル・ピアリ+(プラス)
フルート:今井亨
オーボエ:山口裕加
クラリネット:芳野亜美
ホルン:木村俊介
ファゴット:大森俊介
ヴァイオリン:中村公俊
ピアノ:法貴彩子

<曲目>
 [オール・プーランク・プログラム]
笛吹きが廃墟に子守唄を聴かせる(フルートソロのための)
フルートソナタ
ヴァイオリンソナタ
ノヴェレッテ
六重奏曲
三重奏曲(ob,fg,pfのための)
4手ピアノのためのソナタ
                ほか

<料金>
2000円(当日2500円)

<お問合せ>
ドルチェ楽器大阪店:06-6377-1117

----------------------------
♪2013年3月16日(土)14:00(開場13:30)

「出版人 テレマン」

会場:ピッコロシアター小ホール
   (兵庫県尼崎市南塚口町3-17-8)

<出演>
京都バロック楽器アンサンブル
バロック・ヴァイオリン:河内知子
フラウト・トラヴェルソ:森本英希
バロック・オーボエ:赤坂放笛
バロック・チェロ:一樂 恒
チェンバロ:中田聖子

<料金>
一般:2000円  高校生以下:1500円

<お問合せ>
KLAVIまでメールでお願いします。

主催:京都バロック楽器アンサンブル
後援:リコーダ-JP、そう楽舎、東京リコーダー協会

直前のご案内☆ お勧めのコンサート2つ♪

直前ですが、2つご紹介します!

1つ目は、今夜、大阪である杉江洋子さんのヴァイオリンのコンサート♪

バッハの無伴奏ソナタとパルティータを演奏されます☆

19:30スタートなので、お仕事帰りに如何ですか?

----------------------------

2013年3月12日(火)19:30(開場19:00)

杉江洋子×バッハ
 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ

会場:ヒビキミュージックサロン「リーヴズ」

<出演>
ヴィイオリン:杉江洋子

<曲目>
J.S.バッハ:
無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番 ト短調 BWV 1001
無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番 ニ短調 BWV 1004

<料金>
2000円

<お問合せ>
ヒビキミュージック  06-6363-3060

主催:ヒビキミュージック

----------------------------

もう一つは、明後日、14日(木)の夜に京都であるバロックアンサンブルのコンサートです☆
こちらは、週末、3月16日(土)に、尼崎のピッコロシアター小ホール でも開催されます。

----------------------------

2013年3月14日(木)19:00(開場18:30)
   会場:京都市西文化会館ウエスティ創造活動室
    (京都市西京区上桂森下町31-1)

2013年3月16日(土)14:00(開場13:30)
   会場:ピッコロシアター小ホール


「出版人 テレマン」



<出演>
京都バロック楽器アンサンブル
バロック・ヴァイオリン:河内知子
フラウト・トラヴェルソ:森本英希
バロック・オーボエ:赤坂放笛
バロック・チェロ:一樂 恒
チェンバロ:中田聖子

<曲目>
※詳細わかりましたら、お知らせします。

<料金>
一般:2000円  高校生以下:1500円

<お問合せ>
KLAVIまでメールでお願いします。

主催:京都バロック楽器アンサンブル
後援:リコーダ-JP、そう楽舎、東京リコーダー協会

明日、3月11日(月)のコンサート☆

明日で東日本大震災からまる2年。。。関連コンサートも多いようです。

----------------------------
2013年3月11日(月)19:00~(開場18:30)

西宮音楽協会による
  第8回東日本大震災復興支援チャリティーコンサート
  ~東日本大震災 追悼コンサート~

会場:西宮市フレンテホール

<出演>
ソプラノ:
内藤里美・西村紀子・吉田早夜華
繁田千都子・濱田絵梨
ピアノ:
加藤英雄・内野圭子
辛島則子・佐野まり子
ホルン:小坂智美
ヴァイオリン:蔭山真理子
チェロ:水野奈美


<曲目>
なかにしあかね:歌曲集「二番目に言いたいこと」より
ショパン:黒鍵のエチュード
ロジャーズ:
すべての山に登れ ”サウンド オブ ミュージックより”より
小林秀雄:すてきな春に
ブラームス:
ホルン、ヴァイオリン、ピアノの為の三重奏曲 変ホ長調作品40
プレヴィン:ヴォカリーズ ほか

<入場料>
全自由席 1000円(未就学児無料)

*チケットの売上金及び募金は、
 東日本大震災で両親を失った子供たちのために
 全額寄付させていただきます。

<入場券取扱い>
西宮市民会館(アミティホール):0798-33-3111
フレンテホール:0798-32-8660

<お問合せ>
西宮音楽協会事務局: 0798-71-1697

主催:西宮音楽協会、(公財)西宮文化振興財団
共催:西宮市

----------------------------
♪2013年3月11日(月)19:30~(開場19:00)

Eijin Nimura and his friends present
東日本大震災子ども支援 チャリティー・コンサート

会場:渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
   (渋谷駅より徒歩5分)

<出演>
ヴァイオリン:二村英仁
チェロ:  金子鈴太郎
コントラバス:石川浩之
フルート: 南部やすか
クラリネット: 吉田誠
ギター:   藤元高輝

<曲目>
シベリウス=バレット、二村英仁編:
「エン・サガ(ある伝説)」作品9
パガニーニ:ギターとヴァイオリンのための協奏的ソナタ
ハイドン:ロンドン三重奏曲第1番 ハ長調
アルビノーニ:オーボエ協奏曲 ニ短調 作品9-2より 第2楽章
バリエール:チェロとコントラバスのためのソナタ
ギス&セルヴェ:”ゴッド・セイヴ・ザ・キング”による華麗なる変奏曲 作品38
野本洋介:フルートとコントラバスのためのデュオ(日本初演)
                ほか

入場無料!

※事前にお申し込みが必要です。(チケットがない場合、入場できません)

1.氏名
2.ご希望のチケット枚数
3.郵便番号
4.住所
5.電話番号
を明記の上、メールまたはFAX(03-3746-1276)で、二村英仁オフィス(株)へ、お申し込み下さい。
(FAXでお申し込みの場合、返信用のFAX番号もお忘れなく!)
主催:二村英仁オフィス(株)

----------------------------
♪2013年3月11日(月)19:00~

古楽工房

会場:ピア・ジュリアン
   (神戸市中央区加納町4丁目3-2 近藤ビル9階)

<出演>
バロックヴァイオリン:佐藤 泉
フラウト・トラヴェルソ:前田りり子

<料金>
テーブルチャージ:2100円

※飲食代は別途お支払いください。
----------------------------

調性の話・・・♪

今日の「題名のない音楽会」で調性の話をやってました♪

ゲストは吉松隆さん。。。24日の演奏会のプログラムには、吉松さんの鳥プリズムも入っています♪

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの調弦の仕方を実際にやってみせて

   弦楽器は#系、管楽器は♭系が合っている・・・

という説明を佐渡さんがされていましたが、

管楽器でも、フルートの場合、元はD管なので#系があってるはずです。

でも、吹奏楽をやっている人は

   ほとんど♭系の曲ばかり吹いているので、#系の曲は吹き難い・・・

という話をよく聞きます♪ フラウト・トラヴェルソ(バロックフルート)だと

   ♭系の曲はかなり吹き難いのです

が、モダンフルートだと半音が全部ちゃんと出るし、ブリチアルディキーもあるから、

   あまり関係なくなっているんでしょうね (^_^;

フラウト・トラヴェルソだと、

   半音を出すのが難しいので、音程をとるのも難しいし、きれいな音も鳴らない

ので、♭系にしろ♯系にしろ、臨時記号が増えたり減ったりするだけで、

   、曲の雰囲気が変わってしまいます♪

モダンフルートだけ吹いていると

    調性による雰囲気の違い

って、わかりにくいですが、フラウト・トラヴェルソだとすぐわかるので、

    フラウト・トラヴェルソを吹いてみると、調性の良い勉強になると思います♪

2010年、私にできたことは・・・♪

今年もあっという間に終わってしまいそうですが、

今年は、音楽に関連したことをずいぶん、いろいろやりました♪

・自分が企画したイベントが3回

  3月末~4月初
      写真展+コンサート「さくら、桜・・・」
      神戸・さくらみかふぇ

  5月 フルートとピアノによる「名曲コンサート」
      ムラマツリサイタルホール新大阪

  8月末 写真展+コンサート「水の彩、水の音」
       神戸・さくらみかふぇ

・自分が出演した演奏会・発表会が6回

  3月  発表会
       NHK神戸放送局/トアステーション
       フルートで参加
       バッハのソナタ C-dur & アンサンブル

  4月  「さくら、桜・・・」コンサート
       神戸・さくらみかふぇ
       歌で参加
       モーツアルトとシューベルトの歌曲

  6月  千里バッハ合唱団・千里バッハオーケストラ演奏会
       吹田メイシアター大ホール
       合唱(1st テノール)で参加
       バッハのモテット、カンタータ、ウィリアムスのミサ曲を演奏

  9月  発表会
       神戸六甲・里夢
       フルートで参加
       テレマンのトリオソナタ F-dur (フルート+ヴィオラ+ピアノ)

  10月  街角コンサート
       神戸元町四丁目商店街特設ステージ
       神戸フィルのメンバーとその仲間たちによるコンサート
       フルートアンサンブル「エトワール」のメンバーとして参加

  12月  民族音楽発表会
       豊中ローズ文化ホール
       リンベのソロとアンサンブルに参加

・参加した録音が1回

  2月  パレストリーナのミサ曲の録音
      甲東ホール
      1stテノールとして参加

この他、演奏会の録音や写真・ビデオ撮影を何度もさせて頂きましたし、

フルート、トラヴェルソ、リンベのレッスンも欠かさず受けました♪

8月と12月にはフルートの特別レッスンもも受けることができました♪

合唱の練習も、9月からは2つの合唱団に所属して続けています♪

演奏会も、結構、行ったような・・・ (^_^;

音楽関係の友人、知人もずいぶん増えました♪

音楽については、充実して、本当に楽しい1年でした~☆

   ・・・ 来年も楽しく音楽ができるといいなぁ~♪

テレマンのトリオソナタ F-dur

今度の日曜日に、フルーティストの渡辺玲子さんが主催される発表会で

   テレマンのトリオソナタ F-dur

を演奏させて頂きます。この曲は

   リコーダー と ヴィオラダガンバ と 通奏低音

のために書かれた曲のようですが、手元にある楽譜には

   リコーダー (またはフラウト・トラヴェルソ=フルート または ヴァイオリン)
   ヴィオラダガンバ (またはヴィオラ)

と書かれているので、今回は

   フルート と ヴィオラ と ピアノ

で演奏します。

この曲は、昨年、合唱団の団員でヴィオラやヴァイオリンもされている方に勧められてやり始めた曲で、

その方とどこかの発表会でやるつもりで練習をしたり、レッスンも受けていたのですが、

お仕事などの関係でちょっと無理そう・・・ということになったため、

今回はプロの方にお願いして、一緒に演奏して頂くことにしました♪

けっこう難しい曲なので、プロの方々に助けて頂きながら、

楽しく演奏できればいいなぁ。。。と思っていますが、

さてどうなりますか・・・(^_^;

フルート+ヴィオラ+ピアノ の組み合わせでアンサンブルをする機会もなかなかないと思いますので、
そういう意味でも、失敗はおそれず、楽しみたいです♪

当日のプログラムは渡辺玲子さんのブログで紹介されていますが、

いろいろな曲が演奏されるようなので、他の演奏を聴くのも楽しみです~♪

カルチャーショック (^_^;

今日は前田りり子さんのレッスンを受けてきたのですが、

   バロック音楽の奥深さに、ちょっとしたカルチャーショック

を受けて帰ってきました♪

時々練習していたブラーヴェの練習曲を一緒に少し吹いて下さった後で、
基礎練習の方法を指導して頂いたのですが、
ソノリテにしても、今まで受けて来たモダンフルートのレッスンとは全然違うので、
カルチャーショックを受けた訳です・・・・(^_^;

もちろん、モダンフルートのレッスンとかぶる内容もあるのですが、
今日の吹き方をモダンフルートのレッスンでやると NG が出るのは確実なので、
当面は

   モダンフルートとフラウト・トラヴェルソは別の楽器

だと思って、練習を続けた方がよさそうです。。(^_^;

次のレッスンは3月にあって、お勧めの教本も教えて頂いたのですが、
すぐに手に入れるのは難しそうなので、早めに探して、3月のレッスンまでに
間に合わせたいと思います♪

楽しい1年でした♪

2009年ももう少しで終わりますね。

あっという間の1年でしたが、私にとっては意義深く、楽しい1年でした♪

1年前の今頃は、年明けの1月11日のフルートの発表会で吹く

    C.P.E.バッハのハンブルガーソナタ

を必死で練習していました。フルートを始めて1年半ほどしか経っていませんでしたから、
かなり無謀な選曲だったのですが、我ながらよく頑張ったと思います。

この発表会は神戸芸術センターのプロコフィエフホールであったのですが、

   テレマンのカノンによるソナタ 第3番 第3楽章

の二重奏も先生と一緒に演奏させて頂き、とてもよい経験ができました。

同じ頃、合唱も再開したいという思いが強くなり、
3つほどあった候補の中から、1月末に千里バッハ合唱団の練習を見学に行って、
その場で入団することになりました♪

最初、2ndテナーを歌うつもりだったのですが、1stテナーをやることになりましたが、
6月と9月の演奏会でやるJ.S.バッハのロ短調ミサの譜読みが終わっている段階で入団したので、
他の方に追いつくため、最初の1か月ほどは必死で譜読みをしました。

3月~4月には、第7回神戸国際フルートコンクールが開催されたので、
予選から会場に通って、たくさんの演奏を聴きましたが、
これはとてもいい勉強になりました。

また、この頃からフラウト・トラヴェルソ研究会も始まって、
モダンフルートに加えて、トラヴェルソの練習も始めました。

4月19日にはムラマツリサイタルホール新大阪で、MFLC大阪の発表会があり、
   J.S.Bach チェンバロ協奏曲第5番 BWV1056 第2楽章 ラルゴ
を原調で吹きました。ミスもありましたが、いつものように落ち着いて楽しく演奏出来たので
良かったと思います。

MFLCの方は、5月からフルートの先生が変わって、
それまでやっていたレッスンの内容から、がらっと変わってしまいました。

6月になると、ロ短調ミサのオケ合わせも始まり、

   6月29日 大阪・厚生年金会館芸術ホール
   8月1日  東京・紀尾井ホール

の演奏会に出演することができましたが、
どちらも、とても楽しく歌うことができました♪

この演奏会では、フルートを指導して頂いている久保田裕美さんと
その師匠にあたる大江浩志さんがオケにのっておられたので、
思いがけず3人で同じステージに立つという、
貴重な体験もすることもできました♪

合唱団の中に、ヴィオラとヴァイオリンをやっておられる方がおられることが、
大阪の演奏会の後の打ち上げ会の時にわかって、
テレマンのトリオソナタなどをヴィオラ+フルートで演奏(練習)する機会も
できるようになったのも、嬉しい出来事でした。

フルートのレッスンは、1年以上、2人の先生の指導を受けていたのですが、
9月に入ってからMFLCで5月から指導して頂いていた新しい先生のアドバイスに従って、
MFLCの方はやめて、一人の先生の指導を受けるようになりました。

一方、8月末の演奏会で聴いたモンゴルの笛、リンベの演奏に感動し、
9月からリンベのレッスンも受けるようになりました♪

昨年も門下生の有志が集まってフルートアンサンブルをする機会があったのですが、
今年はフルートアンサンブル「エトワール」としての演奏活動も始まり、
10月には神戸の元町商店街の「街角コンサート」に出演させて頂き、
フルートアンサンブルと一緒に独唱する・・・という貴重な経験もできました♪

演奏会にも行く機会が増えて、いろいろな音楽家のみなさんとの交流もできて、
本当に充実した1年でした。

来年は、1月10日に前田りり子さんのトラヴェルソのレッスンを受けることになっています。
3月14日には、フルートの発表会が神戸(NHK神戸放送局・トアステーション)であって、

    バッハのフルートソナタ BVW1033

を演奏するので、それに向けて練習を続けています♪

3月30日(火)~4月4日(日)には、神戸のJR元町駅のすぐ北側にある「さくらみかふぇ」で、

    写真展&コンサート 「さくら、桜」

を開催する予定です。私が全国各地で撮影さいた「さくら」の写真を見ながら、生演奏も楽しもう・・・というコラボ企画です。

メインの有料コンサートは4月3日(土)に予定していて、久保田裕美さんにフルートの演奏をして頂き、
佐野まり子さんがピアノ伴奏をして下さる予定です。
私も春らしい歌をちょっと歌わせて頂くことになると思います。

それ以外の日にも、アマチュアによる無料のミニコンサートをやりたいなぁ。。。と考えているところです。

そして、5月16日(日)には、ムラマツリサイタルホール新大阪で、

  久保田裕美(フルート)と佐野まり子(ピアノ)による「名曲コンサート」

を開催します。絶対にお勧めのコンサートですので、、チケットを買って下さいね♪

6月20日(日)には、吹田メイシアター大ホールで行われる

  千里バッハ合唱団 第21回公演

に出演する予定です。今年は

  J.S.バッハ          モテット第1番
                  昇天祭オラトリオ
  ヴォーン・ウィリアムズ  ミサ曲

を演奏することになっています。

その後は、まだ未定ですが、8月にも写真展+コンサートのコラボ企画ができるかも知れません。

という訳で、来年も音楽をいっぱい楽しみたいと思います!

フルートの音色・・・ベームの円錐管

昨夜は、大阪・難波にある管楽器専門店Rootsで開催された

  Rootsサロンコンサート シリーズⅢ~
  榎田雅祥・サロンコンサート ≪お話と演奏≫
     フルートの変遷

に行きました。11月にあった前田りり子さんのセミナーの続きのようなセミナー&コンサートで、
一部重複する内容もありましたが、主に19世紀のフルートについてのお話と演奏がありました。

いろいろ面白いお話がありましたが、

  フルートを円筒管から円錐管にすることのメリット

として、前田りり子さんがセミナーで仰っていた

  オクターブの音程がとりやすくなる

ということ以外に、

  低音までしっかり出るようになる

ということをあげられていました。

今のフルートの胴部管や足部管は円筒管になっていますが、
ベームの1832年モデルは円錐管で、これがいい音なんです!

ただ、デメリットとしては、フルートが進化するにつれて
穴が大きくなって、大きな音が出るようになって、
ピュアな音が出るようになった反面、

  倍音が少なくなって音が悪くなった

と仰っていました。

バロックフルート(フラウト・トラヴェルソ)から
ルイロットまで吹き比べて下さいましたが、
確かにそういう印象を持ちました。

バロックフルートは、深みのある音が出るので、

  ヴィブラートをかける必要がなかった

けれど、今のフルートは、音が悪いので

  ヴィブラートをかけて誤魔化すしかない

というお話をされていたのも、頷けます。

終了後には、榎田さんが持ってきておられたいろいろなフルートを
実際に吹いてみることができたので、

  ベームの円錐管

を吹かせてもらいましたが、キーが繊細にできているので、
軽く押さえないといけません。また、リングの穴がちょっと大きいような
感じで、慣れるまでちょっと押さえにくかったですが、
少し練習すれば大丈夫そうです。

この楽器はオープンGisに改造されていたのですが、
先日、オープンGisのフルートを吹いてみる機会があったので、
なんとか音は出すことができて良かったです。

榎田さんはこのフルートをとても気に入られているようで、

  円錐管のフルートを作ったらいいと思う

と仰っていました。

古楽器に興味を持つと、どんどん入り込んでいってしまう・・・というのが
よくわかるセミナーでもありました♪

いろんな横笛

  • 2009-12-06 (Sun)
フルートを初めてから、モダンフルート以外の笛を吹く機会も増えてきました♪

自分で持っているのは、今のところ

  モダンフルート
  ピッコロ
  フラウト・トラヴェルソ
  クリスタル・フルート
  クリスタル・ピッコロ
  リンベ(モンゴルの横笛)

ですが、楽器店でいろいろなフルートやピッコロを試奏させてもらったり、
先生のところで、ほかのフラウト・トラヴェルソや

  ソグン(韓国の笛)

を吹かせてもらったこともあります。
(ソグンはほとんど音を出せませんでしたが・・・)

先日は、前田りり子さんの古楽器(トラヴェルソ)セミナーを聴きに行って、
セミナーが終わった後で、前田りり子さんが持ってきておられた

  ルネサンスフルート~モダンフルート(ルイロット)

に至るいろいろなフルートを吹かせて頂きました♪

ルネサンスフルートは、穴が小さくて大きな音は出ませんし、
半音を出すのは難しいですが、
短いソプラノフルート(?)はなかなかいい音で気に入ったので、

  「これ、いいですね♪」

と言ったところ、前田りり子さんも「気に入ってます!」と仰っていました。

たくさんのキーがついたフルートの吹き方(音の出し方)も簡単に教えてもらって
試してみましたが、すぐに・・・という訳にはいきそうにありませんでした。

1月にトラヴェルソのレッスンを受けられることになったので、
またいろいろ教えて頂こうと思います♪

モンゴルの笛、リンベも、9月からマハバル・サウガゲレルさんに教えて頂いているのですが、
こちらは穴が大きいので、かなり大きな音が出ます。

基本的な吹き方は、中国の笛子も同じなので、数字譜が読めるようになれば、
笛子も吹ける・・・ということがわかったので、また楽しみが増えそうです♪

  

フルートとオカリナと歌とピアノのコンサート

8月23日に神戸・六甲の里夢であったコンサートに行ってきました♪

○Satom Salon Concert vol.6 Summer Concert

  日時: 2009年8月23日(日)15:00~(開場:14:30)
  会場:音楽ホール&ギャラリー SATOM 里夢 (神戸市・六甲)

  出演:
      ソプラノ/オカリナ:藤田 陽子
      バリトン:油井 宏隆
      フルート:久保田裕美
      ピアノ :原田 由美子

  曲目:
      フィガロの結婚より/序曲~二重唱(ソプラノ/バリトン/フルート/ピアノ)
      もう飛ぶまいぞこの蝶々(バリトン/ピアノ)
      愛しき君よ急ぎ来よ
      今は穏やかだ
      スラブ舞曲(フルート/ピアノ)
      幻想曲 さくらさくら(ピアノ)
      ハナミズキ(フルート/オカリナ)
      悲しくなった時は(ソプラノ/ピアノ)
      たんきぽんき(バリトン/ピアノ)
      サルビア(ソプラノ/ピアノ)
      
      ドビュッシー/シランクス(フルート)
      ショパン/バラード第1番(ピアノ)
      悲愴(フルート/オカリナ)
      タンホイザーより/夕星の歌(バリトン/ピアノ)
      トスカより/歌に生き恋に生き(ソプラノ/ピアノ)
      カルメンより/闘牛士(バリトン/ピアノ)
      あぁ幾たびか(ソプラノ/ピアノ)
      ピアソラ/リベルタンゴ(フルート/ピアノ)
      メンデルスゾーン/真夏の夜の夢(ピアノ)
      シモンボッカネグラ(ソプラノ/バリトン/フルート/ピアノ)
   <アンコール>
      「篤姫(メインテーマ)」 作曲:吉俣 良、アレンジ:鈴木奈美(フルート/ピアノ)
      「空の鯉」 詩:金子みすず、曲:浜 圭介(ソプラノ/バリトン/フルート/ピアノ)
        ほか

歌(女声、男声)とフルートとピアノ、それにオカリナで、
いろいろな曲を1部、2部、合わせて2時間半くらい演奏されたでしょうか。

第2部では、久保田裕美さんが、トラヴェルソとフルートを持って登場され、
モダンフルートとトラヴェルソの違いのレクチャーもされました。

フルートの曲では、ピアソラのリベルタンゴが特に乗っていたように思いました♪

歌の方は、バリトンさんが良かったです。

最近はフルートのコンサートに行くことが多いですが、
私は歌も、ピアノなども好きなので、
こんな風にいろんな演奏を聴けるコンサートの方が、
楽しめるような気がします♪

フラウト・トラヴェルソ(2)

フラウト・トラヴェルソの練習を始めましたが、
モダンフルートのようにほぼ毎日練習するという訳にはいきません。

フルートの先生が、「トラヴェルソ研究会をやりましょう」と仰って下さって、
トラヴェルソの二重奏をする機会も作って下さって、
第1回のトラヴェルソ研究会が4月にありましたが、
その後は仕事その他の関係で、日程調整がうまくいかず、
先日、第2回の研究会をやりました。

その間も、時々、トラヴェルソ出して吹いてみてはいましたが、
やはり、何か目標がないと、なかなか練習をしませんので、
運指なども、忘れてしまって、2人でトラヴェルソを吹きながら、

  「あれっ、運指はどうだったっけ・・・?」

ということになってしまいます。

フラウト・トラヴェルソの運指は、
モダンフルートよりも複雑で、替え指も多いですし、
音程も自分で調節して変えたりしないといけないことが多いので、
本当はモダンフルートよりもたくさん練習した方がいいのだと思います。

しかし、音楽の練習に使える時間には限りがありますので、
フラウト・トラヴェルソの練習は二の次になってしまっています。

でも、研究会で吹いているととても楽しいですし、
フラウト・トラヴェルソの練習はモダンフルートを吹く時の役にも立っているのは
確かなので、これからは、もう少し、練習時間を増やしたいと思います。

トラヴェルソ研究会の方も、今度は月1回くらいのペースでできそうですし、
モダンフルートのレッスンでやった

  テレマンの「2つのフルートのためのカノンによるソナタ」

の中から、すぐにできそうな曲も吹いてみることになったので、
今までよりも、がんばれそうな気がします ♪

神戸国際フルートコンクール 審査員による「スペシャルコンサート」

昨日(2009年4月3日)は、神戸国際フルートコンクールの

  審査員によるスペシャルコンサート

を聴きに行ってきました。コンサートは19:00~でしたが、
よい席に座りたいので18:20頃に会場に着いたのですが、
すでに神戸文化ホールの入り口付近まで
開場待ちの人の列ができていました。

ただ、開場の中ホールでも900人ほど入れますので、
演奏者からほどほどに離れていて、演奏者の指の動きなども
わかる比較的前の方の席に座ることができました。

その後、だんだん人が増えて来たところで、
上野星矢さんがロシアのフルーティスト2人と入ってきて、
私と同じ列の隣に座りました。

私のすぐ隣に座ったのが、三次予選で良い演奏をしたGrigory MORDASHOVさん、
隣が二次予選まで残ったAlexandra GROTさんで、さらに上野星矢さんが座って
いろいろおしゃべりをしながら演奏を楽しんでおられました。

会話は、フランス語、ロシア語、英語が混在していて、不思議な感じでしたが、
ロシア人同士の場合は、当然、ロシア語で、上野さんとGROTさんはフランス語で、
MORDASHOVさんと上野さんは英語でお話をされていました。

このクラスの音楽家になると、いろいな言葉をある程度使えないといけないのでしょうね。

余談はさておき、コンサートの方ですが、
想像していた以上に、面白い演奏会でした。

前半は、金昌国さんが、後半は峰岸壮一さんが司会をされ、
以下のような曲が演奏されました。

 フリードリッヒ・クーラウ: ファンタジーニ長調 op.38-1
   神田 寛明 (フルート)
 フランク・マルタン: バラード
   尹 慧利(フルート)・辻本 知美(ピアノ)
 ジークフリート・カルク=エレルト: 交響的カンツォーネ
   アンドレア・リーバークネヒト(フルート)・與口 理恵(ピアノ)
 マラン・マレー/ピエール・ブーレーズ: 「スペインのフォリア」にちりばめられた「うつろいゆくもの5番」
   フェリックス・レングリ (フルート)
 ポール・タファネル: トマの「ミニョン」による幻想曲
   フィリップ・ベルノルト(フルート)・西脇 千花(ピアノ)
 カール・ライネッケ: バラード op.288
   酒井 秀明 (フルート)・西脇 千花(ピアノ)
 ガブルエル・フォーレ: コンクールのための小品
 ルーカス・フォス: 3つのアメリカ風小品
   キャロル・ウィンセンス(フルート)・石橋 衣里(ピアノ)
 ヘルベルト・ウィリィ: フルートソロのための小品
   ウォルフガング・シュルツ (フルート)
 アントン・ドヴォルザーク: ロマンス
   ウィリアム・ベネット(フルート)・石橋 尚子(ピアノ)

リーバークネヒトさんの演奏が終わると、
Alexandra GROTさんと上野星矢さんが

   「ブラボー!」

と声を上げておられましたが、きれいないい演奏でした。

私が、いちばん凄いと思ったのは、その次のフェリックス・レングリさんで、
24Kのフルートとは、信じられないほど柔らかい音色で
古典と現代音楽を交互に演奏されました。
古典の方だけなら、フラウト・トラヴェルソで吹いていてもよさそうな
そんな雰囲気を感じさせる音色で、とても驚きました。

次のフィリップ・ベルノルトさんのミニョン・ファンタジーも
お得意のプログラムというだけあって、素晴らしかったです。

その後、ちょっとピッチが低いかな・・・という演奏もあったりしましたが、
どの演奏も楽しく聴くことができました。

プログラムが終わった後も、拍手に応えて、
以下のフルートアンサンブルが披露されました。

 モーツアルト: 魔笛 序曲(フルート四重奏)
   フェリックス・レングリ/キャロル・ウィンセンス/アンドレア・リーバークネヒト/フィリップ・ベルノルト
 ヨハン・シュトラウス:喜歌劇 こうもり より (フルート二重奏)
   ウォルフガング・シュルツ/神田寛明
 1分でわかるベートーヴェンの交響曲全曲(?)
   ウィリアム・ベネット/酒井秀明/金 昌国/尹 慧利

どれも楽しい演奏で、よい演奏会でした。

新年のごあいさつ

新年、明けましておめでとうございます。

昨年は、フルートを通じて
いろいろな人や音楽との素敵な出会いがたくさんありました。

しばらく休眠していた音楽を再開して本当によかったと思います。

今年はすぐにフルートの発表会がありますが、
ちょっと難しい曲をやるので、
最後の追い込みを必死モードでやっています。

入試を控えた受験生の気分・・・というとこでしょうか (^_^;

発表会が終わったら、フラウト・トラヴェルソも始めることにしているので、
今から楽しみです。

フルートを始めたおかげで、
フルート以外のいろんな音楽と接する機会も増えました。

今年は、どんな出会いがあるでしょう?
今から、ワクワクしています。

Let's enjoy music!
みなさんも、音楽を いっぱい 楽しんで下さい!

2009年が、世界の人々にとって、素敵な1年でありますように。

  今年の年賀状こちらのページでご覧下さい。

昔の楽譜

フラウト・トラヴェルソを入手したので、
来年1月から、トラヴェルソも少しずつやっていきたいということを
先生に相談したところ、ルネサンス、バロック時代の楽譜集を
貸して下さって、

  「これを一緒に吹きましょう」

と仰って下さいました。

フルートのレッスンでもバロックの曲をやっていますが、
ほとんどは現代風に書き直されていて、
今、レッスンで使っている楽譜では、

  テレマンの12のファンタジー

の楽譜にバロック時代の面影が少し感じられる程度です。

ところが、今回、貸して下さった楽譜は、
昔の手書きの楽譜の複製なので、
譜面の書き方も、記号の書き方なども今の楽譜とは
かなり違っていて、とても面白い楽譜です。

しかし、慣れないと譜読みを間違ってしまいそうなので、
トラヴェルソの運指を覚えることよりも、
昔の譜面に慣れることの方が大変かもしれません。

でも、新しいことにチャレンジするのは
好きなので、ちょっとワクワクしています。

フラウト・トラヴェルソ

私がフルートを始めたのは昨年の6月なのですが、
今年に入ってからアンサンブルの指導をして下さっている
先生のところで、フラウト・トラヴェルソを吹かせて頂きました。

思ったよりも簡単に音が出たことや、

 金属のフルートとは違う、柔らかい木の響きもいいなぁ

と感じ、興味が沸きました。

その後、レッスンでテレマンの12のファンタジーを吹いていると、

 「トラヴェルソをやっている人が、よくそういう吹き方をします。」

とか

 「その吹き方は、トラヴェルソに向いていると思います。」

と仰っていたのですが、
私は絶対にトラヴェルソもやると確信されたのか、

 「トラヴェルソを教えられるように、私も練習しておきます。」

とまで言われてしまいました (^_^;

そこまで言われたら、もうやるっきゃない ですから、
掘り出し物を探していたのですが、幸運にも、状態のよい
トラベルソをお買い得価格で入手することができました。

バロックピッチ(415)とモダンピッチ(440)の替管が
ついているので、アンサンブルをするときも
便利だと思います。

日本人の方が製作されたものだったので、
金属アレルギーが起こらないように、キーを交換してもらって
いたのですが、今日、楽器が手元の届きました。
ちょっと吹いてみましたが、なかなかいい感じです。

1月にフルートの発表会があるので、それまでは
モダンフルートに専念しようと思いますが、
それが済んだら、少しずつ練習をして、
トラヴェルソも吹けるようになりたいと思っています。

Search Option

Home > Search

Page Top