Home > コンサートなどの感想 > 斎藤和志さんのミニ・コンサート

斎藤和志さんのミニ・コンサート

ムラマツ フルートのフェア
大阪でも今日、12月13日(土)と明日14日(日)に開催されていて、
無料のミニ・コンサートも聴くことができます。

今日は東京フィルハーモニー交響楽団主席奏者の斎藤和志さんのミニ・コンサートがあって、
テレマンのファンタジーなどを演奏されるというので、聴きに行ってきました。

詳しい感想は、近日中にフルートのコンサートメモの方に書こうとおもいますが、テレマンよりも現代音楽の方が斎藤さんには似合っているようです。

ベリオの「セクエンツァ」は斎藤さんにとっては

  「懐メロのような感じになってしまった」

と仰っていましたが、プログラムの最後に演奏された

  斎藤和志さん作曲の「セルフポートレート」

は、コントラバスフルートとふつうのコンサートフルートを使って、
演奏中に録音と再生を重ねながら、次第に重奏を重ねていくという手法で演奏され、
初めて聴いた私には、とても新鮮なもので、

  面白い!

と思いました。でも、その中には、斎藤さんが「懐メロ」だと仰った

 ベリオの「セクエンツァ」

と同じ手法も使われていて、興味深く拝聴しました。

明日は、西田直孝さんによるミニ・コンサートがあります。
こちらは、有名なフルートの曲をいろいろ演奏されるようですので、
お近くの方は、お出かけになってみては如何でしょうか?
Comment Form

Home > コンサートなどの感想 > 斎藤和志さんのミニ・コンサート

Search
Feeds

Page Top