Home > 音楽を楽しむ > 至福の時

至福の時

私は広島の山村で育ったため、
小学生の頃から、一人で山に入っては、
昆虫採集をしたり、魚を捕ったり、
山菜やアケビなどを採ったりしていました。

中学生になると、カンジキを履いて、
一人で冬山に入ったりもしていましたが、
今になって考えると、よく親が許してくれたものだと思います。

  「雪崩に気をつけて。」

とか

  「クマに気をつけて。」

とか言うだけで、一人で山に行かせてくれていた親には
感謝していますが、今、こんなことを言う親がいたら、

 「無責任な親だ」

と、非難されることは確実でしょうね。

さて、一人で山道を歩きながら、私はよく歌を歌ったり、
口笛を吹いていました。

ウグイスの声が聞こえると、口笛でウグイスの真似をすると、
ウグイスが私の口笛に応えて、鳴き返してくれるのが
楽しくて、よくやっていたのですが、
ウグイスの雄にしてみれば、自分の縄張りに無断で入ってきた
他のウグイスを追い返すつもりだったのでしょう。

綺麗な渓流が見える岩の上に座ったり、
美しい景色が見える尾根筋や山の頂にたたずんで、
大自然の中で一人、大好きな歌をよく歌ったものです。

高校や大学、大学院に進学した後も、そして今も、
機会があれば、自然のなかで歌を歌っています。

誰かが見たら、

  「この人、かなり変!」

と思うに違いありませんが、

  私にとっては、至福の瞬間です。

最近は、自然の中でフルートを吹くこともあります。
まだ下手なフルートですから、聞かされる動物には迷惑かも
知れませんが、自然の中でフルートを吹くのも、
気持ちがよいものです。

自然の中の音や情景をモチーフにしたフルートの曲を
作って、自然の中で演奏してみたら楽しいだろうなぁ
と、最近、まじめに考えて始めています。
Comment Form

Home > 音楽を楽しむ > 至福の時

Search
Feeds

Page Top