Home > イベント情報 > フルートコンベンション 最終日

フルートコンベンション 最終日

昨日はフルートコンベンションの最終日でした♪

私はフルス(中国の瓢箪の笛)などのレッスンを受けてから、午後会場へ。

いちばん聴きたかったのは

  北京交響楽団の陳三庆さんのリサイタル

だったので、混雑していそうな高木綾子さんのリサイタルは諦めてこちらの会場へ。

前のイベントが済んで一番に会場に入って、正面前方の良い席をゲット♪

どれも素晴らしい演奏でしたが、

   タクタキシビリのフルートソナタ は圧巻でした!

ただ、聴きに来た人たちのマナーが悪い人たちがいて、
曲間に会場に入ってくるのに、おしゃべりしながら入って来たり、
演奏中に小声で話したり、最後の拍手が続いているにも関わらず、

  席を立って、小走りに次の会場へ行こうとする人たちがいたり・・・

と、プログラム編成がちょっと不味かったということもありますが、

  すごく残念でした。。。(T_T)

拍手に応えて、ステージに出て来られた

  陳さんもそれをみて、悲しい思いをされたのではないでしょうか?

その後も拍手を続けていた私たちも、拍手を止めるしかありませんでした。

  演奏は良かったのに、すごく後味の悪かったです。。。

その後、知人と懇談したりした後、コンクールの表彰式を見て、

コンクールで1位になった方々の演奏を聴きました♪

どの演奏も素晴らしかったですが、

  新村理々愛さんのピッコロ には、ビックリ!

本当に素晴らしい演奏でした~☆ ネットでフルートの演奏を見たことはありましたが、

  ピッコロをあそこまで吹きこなせるとは・・・

感心しっぱなしでした!

フルート・ソロ部門の白戸さんの演奏は本選も聴きましたが、

  やっぱりオケ付きだといいですね~☆

外国人ゲスト3人によるコンチェルトも全部良かったですが、特に

  スーザン・ホップナーさんが初演された
            ハツィス:フルート協奏曲

は 現代奏法も取り入れながら、オケとの調和もすばらしく、

  現代音楽でありながら、自然に聴ける素晴らしい曲

だと思いました♪

3日間、とても充実した内容で、勉強になりましたし、

  初めてお目にかかってご挨拶できた方も多く

とても有意義な時間を過ごすことができました♪

運営にあたられたスタッフの皆さま、出演者の皆さま、ありがとうございました~☆
Comment Form

Home > イベント情報 > フルートコンベンション 最終日

Search
Feeds

Page Top