Home > 演奏法 > 熊蜂の飛行

熊蜂の飛行

あるフルーティストさんが演奏会で

  リムスキー=コルサコフの「熊蜂の飛行」

を演奏されるという話を聞いて、

  私もちょっと練習してみようかな・・・

と思い立って、

  フルートで練習を始めてみました~♪

この曲は難しいのですが、だいぶ前に、フルートの先生から

  練習してみたら・・・

と言われたことがあって、ちょっとやってみたものの、

  まだ無理・・・・(T_T)

という訳で、そのままになっていた曲です (^_^;

あれからだいぶ技術も向上したらしく、

  遅めのテンポで吹けば、なんとか吹けそう・・・

という感じなので、

  指の練習も兼ねて、しばらく練習を続けてみよう♪

と思っています。で、

  参考になるかな・・・

と思って、ネット上にある音源をいくつか聞いてみたのですが、

  ものすごく速いテンポで演奏している人が多くて、ちょっとビックリ・・・(T_T)

そういう演奏は、

  テクニックを誇示するために、すごい速さで演奏している

んだと思いますが、あんなに速く演奏してしまうと、

  熊蜂(*)が飛んでいるようには聞こえません・・・

やっぱり、

  この曲のいいところは、熊蜂が飛んでいる様子を表現したこと

だと思いますので、

  私は、そういう風に演奏したいなぁ。。。

と思います・・・が、まだ無理なので、

  頑張って、練習したいと思います!

-------------------------------

 *) 日本語では「熊蜂」と訳していますが、正しくはマルハナバチです。
Comment Form

Home > 演奏法 > 熊蜂の飛行

Search
Feeds

Page Top