Home > コンサートなどの感想 >  「ホッテントットエプロン-スケッチ」 << ReMIX >> LIVE上映

 「ホッテントットエプロン-スケッチ」 << ReMIX >> LIVE上映

火曜日にあった

   第6回CO2映画上映展 (第6回フィルム・エキシビション in OSAKA)
   「ホッテントットエプロン-スケッチ」 << ReMIX >> LIVE上映

に行ってきました♪

フルートの久保田裕美さんも出演されるというので
足を運んでみた訳ですが、

   前日まで、久保田さんもどんなことをするのか、わからない・・・・

状態だときいていたので、ちょっとドキドキしながら行ってみたのでした (^_^;

で、映画は結構特殊な世界を描いた作品で(詳しくは、こちら・・・)、
他の人が効果音や音楽を少し入れたものでした。

今回は東京からこられたピアニカや効果音担当の方も二人ステージに上がって、

   既についている音や音楽に、ライブの音や音楽を加えて演奏する

という形でパフォーマンスが行われました。

映画も見ながら、どんなことをするのか観ていましたが、
かなりいろんなことをやって、効果音などを出していて、
それはそれで面白かったです。

久保田裕美さんは、フルートの現代奏法も駆使しながら、
キーを叩いて音を出したり、頭部管だけを使って吹いてみたり、
リコーダーを取り出したり・・・・といろんなことをされて、

   直前に譜面をもらったハズなのに、すごいなぁ・・・

と感心しておりました。

   と  こ  ろ  が ・ ・ ・ ・

翌日、久保田さんにお話しを伺ったところ、

   進行表があって、モニターを見ながら、進行表の指示に従って演奏した

のだそうですが、その

   進行表には ここで、こんな感じの音を出す

みたいな指示しか書かれていなくて、

   基本的には全部、自分で考えてやった!

のだそうです。

   フルートで旋律を吹いたところも、楽譜はなく、アドリブ!

だったと聞いて、思わず、

   尊敬します!

と言ってしまいました♪ 

照明を落としたステージ上で、フルートの頭部管を抜いて効果音を出した後、
今度はフルートを組み立てて、演奏したりされていましたが、

   映画にも既に音楽が入っているので、ピッチを合わせるのは、本当に大変だった

ハズですが、

   それをこなせるのは、スゴイ!

と思いました♪

   ふだんから、即興演奏する機会も多い

ので・・・と仰っている久保田さんですが、

   それでも大変だったのではないか

と思います。
Comment Form

Home > コンサートなどの感想 >  「ホッテントットエプロン-スケッチ」 << ReMIX >> LIVE上映

Search
Feeds

Page Top