Home > コンサートなどの感想 > モーツアルト フルート四重奏曲

モーツアルト フルート四重奏曲

日曜日にあったコンサートの感想です♪


♪室内楽の夕べ 大阪フィル団員×ピアノ・フルート
  日時:2010年2月28日(日)17:30~(開場:17:00)
  会場:遊音堂 2階 Youホール
   
   1st ヴァイオリン:佐久間聡一(大阪フィル)
   2nd ヴァイオリン:中西朋子(大阪フィル)
   ヴィオラ:吉田陽子(大阪フィル)
   チェロ: 石田聖子(大阪フィル)
   クラリネット:門小夜子


今回は、フルートの久保田裕美さんが招待して下さったのですが、
いろいろな演奏が聴けて楽しめました♪

その久保田さんは、最初に登場されて、

 モーツアルト:フルート四重奏曲 第1番 ニ長調 K.285

を大阪フィルのメンバーと演奏されましたが、モーツアルトらしいとてもいい演奏だったと思います♪

特に第2楽章の出だしのあたりのフルートは、久保田裕美さんらしい甘い音色で素敵で、

      もう一度聴きたい!

と思える好演でした♪ いつものことながら、

     演奏中も楽しそう

にフルートを吹いておられるので、聴いている方も楽しくなります♪

あとは、

 ブラームス:クラリネット三重奏曲 イ短調 Op.114   ピアノ:小笠原真理
   ベートーヴェン:セレナード Op.25  フルート:西川一也

の2組の演奏を聴きましたが、演奏中にアメ(?)を食べるために、
袋を開ける カサカサ という音を何度も出しているおばさまがおられたのにはちょっと閉口・・・ (-_-;)

後半の

 ベートーヴェン:クラリネット三重奏曲変ロ長調Op.11 『街の歌』   ピアノ:山嵜朝子
 シューマン:ピアノ五重奏曲 変ホ長調 Op.44  ピアノ:安田和代

は、残念ながら聴くことができませんでしたが、こういういろいろなプログラムを楽しめる演奏会・・・私は好きです。
Comment Form

Home > コンサートなどの感想 > モーツアルト フルート四重奏曲

Search
Feeds

Page Top