Home > コンサートなどの感想 > チェペルコンサート♪

チェペルコンサート♪

話題が前後しますが、先週の土曜日は、大阪のリーガロイヤルホテルで開催された

     「みんなのチャペルコンサート」

を聴きに行って来ました♪

このコンサートは、一般公募から選ばれた6組による演奏会で、
フルートの大塚裕紀子さんが出演されたので聴きに行きました♪

○リーガロイヤルホテル みんなのチャペルコンサート

日時:2010年2月6日(土)19:00~
会場:リーガロイヤルホテル大阪 ザ・クリスタルチャペル

<プログラム>
1.岡村 星見(ピアノソロ)

    ピアノソナタ「フレア・アロー」(作曲:岡村星見)より
      第二楽章 Lento cantabile
      第三楽章 Vivace maestoso

2.印藤美江子(声楽)・田中実子(ピアノ)

   喜歌劇「こうもり」(作曲:ヨハン・シュトラウス)より
      「侯爵様 あなたのようなお方は」
   くちづけ(作詞:アルディギェーリ、作曲:アルデーティ)

3.百原 明子(中阮)

   倒垂簾(広東音楽)
   睡蓮  (林 吉良)
   幽遠的歌声(陳 文傑)

4.三浦沙耶子・三浦可那子(ピアノデュオ)

  スラブ舞曲より Op.72-2、Op.46-8(作曲:ドボルザーク)
  チャルダッシュ(作曲:モンティ)

5.高原いつか(声楽)・並木真由子(ピアノ)

  アマリッツ(作曲:カッチーニ)
  懐かしい木陰で(作曲:ヘンデル)
  歌劇「シンデレラ」より 「苦しみと涙のうちに生まれて」(作曲:ロッシーニ)

6.大塚由起子(フルート)・河瀬里子(ピアノ)

  ロマンス(作曲:サンサーンス)
  シリンクス(作曲:ドビュッシー)
  小さなワルツ(作曲:カプレ)

綺麗なホテルのチャペルでのコンサートで、いろいろな曲を楽しむことができました♪

最初に演奏された岡村星見さんはご自分で作曲されたピアノソナタを演奏されました。
聴きやすいなかなかよい曲だと思いました。
第三楽章は、ベートーヴェンのソナタとかに結構似た雰囲気でしたが。。。

前半の最後に登場された百原明子さんは、中国の中阮という楽器を演奏されました。
一見、ギターに似た感じの楽器でしたが、大きさによって大阮、中阮、小阮とあるそうです。
はじめて見る楽器で、演奏も初めて聴きましたが、なかなかよい演奏で、
今回の演奏会でいちばん興味深い演奏でした♪

後半の2番目に歌われたソプラノの 高原いつか さんは声量も十分でしたが、
チャペルにピッタリの明るい響きを持ったお声で、
カッチーニやヘンデルは、綺麗に響いていました。
まだお若いので、これからもっといい声を作っていかれるのではないかと思いました♪

フルートの大塚裕紀子さんは最後に登場されて、3曲演奏されました♪
どれもしっかりした演奏でしたが、私は最初に演奏されたロマンスがいちばん良かったと思いました♪
Comment Form

Home > コンサートなどの感想 > チェペルコンサート♪

Search
Feeds

Page Top