Home > コンサートなどの感想 > 京都フィルハーモニック室内合奏団 第168回 定期公演 「古典派への道程 vol.11」

京都フィルハーモニック室内合奏団 第168回 定期公演 「古典派への道程 vol.11」

今日は、有田正広さんが出演された京フィルの定演に行ってきました♪

○京都フィルハーモニック室内合奏団 第168回 定期公演 「古典派への道程 vol.11」
 2010年1月17日(日) 14:30~ (開場:14:00
 京都コンサートホール 小ホール (地下鉄「北山」駅下車徒歩3分)

<出演>
  指揮/フルート:有田正広
  ヴァイオリン: 釋 伸司
  フルート:   竹林秀憲
  管弦楽:京都フィルハーモニー室内合奏団

<曲目>
  テレマン:ターフェルムジーク(食卓の音楽)第一部・序曲(組曲)ホ短調 TWV 55:el
  C.P.E.バッハ:シンフォニア ニ長調 Wq.183/1,H.663
  モーツァルト:交響曲第36番ハ長調 KV.425「リンツ」

このシリーズでは、有田正広さんが曲ごとに詳しい解説などをして下さるので、とても勉強になります♪

最初はテレマンのターフェルムジークを演奏されましたが、今日、演奏されたところは
2本のフルートが活躍する曲で、有田さんが銀のフルート、竹林さんは木管で演奏されました♪

小編成のオケもとてもバランスが良くて、聴いていて「幸せな気分」になれる好演だったと思います。

   派手さはないけれど、大人のアンサンブル

って感じです♪

次のC.P.E.バッハの「カール・フィリップ・エマニュエル」と名付けたのは、テレマンだったなどいうお話の後、
モーツアルトと同じ時代に活躍していたC.P.E.バッハのシンフォニアを演奏されました。

交響曲のスタイルが確立する前の過渡期の曲ということで、この曲を選ばれたようです。
フルート2本は京フィルの方が演奏されて、有田さんは指揮をされましたが、
コンチェルティノ(小編成の管弦楽)とコンチェルト・グロッソ(大編成の管弦楽)で
演奏される部分があるなど、なかなか興味深い曲でした♪

休憩を挟んで、結婚したばかりのモーツアルトが3日で作曲したとも言われている交響曲「リンツ」が
演奏されましたが、「魔笛」序曲などは30分で作曲されたなど、いろいろ面白いお話も紹介して下さいました。

アンコールは、モーツアルトのバレエ音楽から弦楽の小品を演奏されましたが、
これも綺麗な演奏でした♪
Comment Form

Home > コンサートなどの感想 > 京都フィルハーモニック室内合奏団 第168回 定期公演 「古典派への道程 vol.11」

Search
Feeds

Page Top