Home > コンサートなどの感想 > 神戸フィルハーモニック ニューイヤーコンサート2010

神戸フィルハーモニック ニューイヤーコンサート2010

今日は神戸フィルハーモニックのニューイヤーコンサートに行ってきました♪


○神戸フィルハーモニック ニューイヤーコンサート 2010
  2010年1月16日(土)14:00~(開場:13:30)
神戸文化ホール 大ホール

<出演>
  指揮:加藤 完二
  お話:朝比奈千足(声の出演)
  演奏:神戸フィルハーモニック

<プログラム>
  第1部 ハープの饗宴 ~ハープに魅せられた子供たちを迎えて~
     チャイコフスキー:白鳥の湖より「情景」
     グリーク:ペールギュントより「ソルヴェイグの歌」
     ルイ13世:アマリリス(アイリッシュハープ合奏)
     ビゼー: アルルの女より「メヌエット」
     スメタナ:モルダウより「月の光と水の精」
     ラヴェル:マ・メール・ロワより「妖精の園」
     ボロディン:イーゴリ公より「ダッタン人の踊り」

  第2部 ウィーンの癒し
     ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ「芸術家の挨拶」
     ヨハン・シュトラウス: ポルカ「お気に召すままに」
     ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ「水彩画」
     ヨハン・シュトラウス: ポルカ「チックタック」
     ヨハン・シュトラウス: ポルカ「百発百中」
     ヨハン・シュトラウス: ポルカ「新ピッツィカート」
     ヨハン・シュトラウス: ワルツ「美しく青きドナウ」

  アンコール
     ヨハン・シュトラウス: ラデツキー行進曲

私が会場に着いたのは、開場直前だったので、
入場を待つお客さんの長い列ができていました。
今日のプログラムの前半はハープがテーマで、
小学生~高校生までのハーピストがステージにあがって、
オーケストラと一緒に演奏するという趣向で、
最大7台のハープで演奏される予定でしたが、
内一人が出演できなくなったため、最大6台のハープで演奏されました。
それでも、こんなにハープが並ぶことは滅多にありませんから、
面白い企画だったと思います。

が、その企画をされた音楽監督で指揮者の朝比奈千足さんが、
12月に心臓のご病気で緊急手術をされたため、
今日は伊丹シティフィルハーモニック管弦楽団常任指揮者の加藤完二さんが
急遽、代役で指揮をされました。

朝比奈千足さんは幸い順調に回復されているそうですが、
今回は大事をとって、事前に収録された録音で、曲の解説をされました。

声の解説で、朝比奈さんが今回の経緯などもご説明され、

  「今日はいつもと違う演奏をお楽しみ下さい」

といったことをお話されました。

朝比奈さんの指揮はゆったりした感じですが、
加藤さんの指揮は体全体を使った大きな動きなので、
オケの団員の方々にもいい刺激になったかもしれませんね。

前半は曲ごとに、ハープの配置換えなどがあって、割とゆっくりしたペースで進みましたが、
間に朝比奈さんの解説があったので、退屈することはありませんでした。

可愛らしいハーピストが登場する度に、会場からは暖かい拍手がおくられていました。

ビゼーのアルルの女の「メヌエット」のフルートソロは、
フルートやアンサンブルの指導をして頂いている
久保田裕美さんで、
いつものきれいなフルートの音色を楽しませて頂きました♪

ちなみに、神戸フィルハーモニックには全部で4人のフルーティストがおられるので、
曲によってフルート奏者が入れ替わったり、ピッコロも吹いたりと分担されて演奏されていました。

「ダッタン人の踊り」などでは、久保田裕美さんはピッコロを担当されましたが、
柔らかい音色のピッコロでとても良かったです♪

後半のプログラムは一部、曲目の変更がありましたが、
お正月らしい楽しいポルカやワルツばかりで、
会場のみなさんも演奏している方々もみんな楽しんでいるようでとても良かったです♪

明日は、阪神淡路大震災から15年目にあたりますが、
今日の神戸フィルハーモニックの演奏も、みんなが元気をもらえる演奏会だったと思います!
Comment Form

Home > コンサートなどの感想 > 神戸フィルハーモニック ニューイヤーコンサート2010

Search
Feeds

Page Top