Home > コンサートなどの感想 > 佐野えり子&佐野まり子姉妹によるピアノのコンサート

佐野えり子&佐野まり子姉妹によるピアノのコンサート

先日の日曜日、ピアノの佐野えり子さん、佐野まり子さん姉妹のコンサートを聴きに行きました♪

●楽友会 第589回 例会

 日時:2009年12月20日(日) 13:30~
 会場:関西学院張記念館(旧関西音楽学研究所)
 出演:佐野えり子、佐野まり子
 プログラム
  <第1部> 佐野えり子 ピアノ独奏
シューベルト:ピアノソナタ ト長調 Op.78 D.894(幻想)
  <第2部> 佐野えり子、佐野まり子 連弾
         ラヴェル:マ・メール・ロワ
            1.眠りの森の美女のパヴァーヌ
            2.おやゆび小僧
            3.パコダの女帝レドロネット
            4.美女と野獣の対話
            5.妖精の園
         シャブリエ:道化の行列
         ヨハン・シュトラウス:
            射撃手のカドリール、ジョッキー・ポルカ

佐野まり子さんの演奏は、このブログでも何度かご紹介したことがありますが、
お姉様の佐野えり子さんの演奏を拝聴するのは、今回が初めてでしたし、お二人の連弾もはじめて聴きました♪

佐野えり子さんは、第60回日本音楽コンクール(第2位)やオルレアン20世紀国際ピアノコンクールなどで入賞され、ヨーロッパや日本など世界各地で演奏活動をされているピアニストで、現在、京都市立芸術大学と愛知県立芸術大学でも指導されている・・・ということで、演奏を聴けるのをとても楽しみにしていました♪

第1部は、佐野えり子さんのピアノ独奏で、35分ほどかかるシューベルトの長いソナタを暗譜で演奏されたのですが、聴き始めた時の第一印象は、 「正確で美しく、かつ力強い演奏」ということでしたが、演奏を聴き進めるにしたがって、演奏に引き込まれて行きました。このくらい長い曲だと、途中で眠ってしまうことがあってもおかしくないのですが、演奏中、ずっと飽きることのない素晴らしい演奏でした♪

15分間の休憩を挟んで、第2部はお二人による連弾でした。どの曲も元気をもらえる楽しい曲で、演奏しているお二人も、とても楽しそうだったのが印象的で、聴いている方も楽しい気持ちになれる素敵な演奏でした。

演奏会終了後は、クリスマスの親睦会もあって、とても楽しいひとときを過ごすことができました♪


   

Comment Form

Home > コンサートなどの感想 > 佐野えり子&佐野まり子姉妹によるピアノのコンサート

Search
Feeds

Page Top