Home > 音楽をするために > 音楽にはお金がかかる?

音楽にはお金がかかる?

前にも書いたことがあったと思いますが、

  音楽は生きていくために絶対に必要なものか?

と問われれば、

  NO

と答えるしかないでしょう。音楽をすることよりも

  食べることの方が重要

ですからね。

だから、

  生活にゆとりがなければ、音楽はできない

というのは、正しいと思います。

でも、

  音楽をやっているで、心のゆとりができる

という側面もありますから、

  精神的に豊かな生活をするために、音楽は必要なものだ

と私は思います。

さて、

  「音楽にはお金がかかる」

ということもよく言われることですが、これは

  半分正しくて、半分間違っている

と思います。

  どんな風に、音楽とつきあうか

で、変わってくるからです。

何事も、より深く、専門的なことまで極めたければ、

  時間とお金がかかる

のは仕方がないことで、それは音楽に限ったことではないでしょう。

専門的な教育を受けるために、音楽大学に進学したり、
海外に留学したりすれば、当然、たくさんのお金がかかりますし、
楽器や楽譜、CDの購入やコンサート等のチケット代、
演奏のために衣装代や交通費、宿泊費、レッスン料など
何をするかにもよるでしょうが、いろいろなところでお金が必要です。

私のように趣味でやる分には、かかるお金も知れていますし、
好きでやっているわけですから、あまり気にはなりませんが、

  音楽を仕事としてやっていくのは、やはり大変だ

と思います。もちろん、売れっ子になれば別ですが、
そんなのはごく一部の才能と運に恵まれた人でしょうから、

  音楽家をめざして勉強を続けて行く

のは、お金もさることながら、

  それなりの勇気と決断が必要

なのではないでしょうか。

最近は、

  音大を出ても、ふつうの職業に就く人も少なくなってきた

という話を聞きました。

私は大学・大学院と生物学を専攻しましたが、
同級生の中にも、生物とは直接関係のない仕事に就いている人も
いますから、音大を出たからといって、音楽関係の仕事を
する必要もないのだとは思います。

その一方で、

  音楽が本当に好きで、仕事としても頑張っている人たち

もいるわけで、そういう人たちをみていると思わず

  「がんばって!」

と声をかけたくなってしまう私がいます。
Comment Form

Home > 音楽をするために > 音楽にはお金がかかる?

Search
Feeds

Page Top