Home > 演奏法

音楽の部屋 Let's enjoy music!

熊蜂の飛行

あるフルーティストさんが演奏会で

  リムスキー=コルサコフの「熊蜂の飛行」

を演奏されるという話を聞いて、

  私もちょっと練習してみようかな・・・

と思い立って、

  フルートで練習を始めてみました~♪

この曲は難しいのですが、だいぶ前に、フルートの先生から

  練習してみたら・・・

と言われたことがあって、ちょっとやってみたものの、

  まだ無理・・・・(T_T)

という訳で、そのままになっていた曲です (^_^;

あれからだいぶ技術も向上したらしく、

  遅めのテンポで吹けば、なんとか吹けそう・・・

という感じなので、

  指の練習も兼ねて、しばらく練習を続けてみよう♪

と思っています。で、

  参考になるかな・・・

と思って、ネット上にある音源をいくつか聞いてみたのですが、

  ものすごく速いテンポで演奏している人が多くて、ちょっとビックリ・・・(T_T)

そういう演奏は、

  テクニックを誇示するために、すごい速さで演奏している

んだと思いますが、あんなに速く演奏してしまうと、

  熊蜂(*)が飛んでいるようには聞こえません・・・

やっぱり、

  この曲のいいところは、熊蜂が飛んでいる様子を表現したこと

だと思いますので、

  私は、そういう風に演奏したいなぁ。。。

と思います・・・が、まだ無理なので、

  頑張って、練習したいと思います!

-------------------------------

 *) 日本語では「熊蜂」と訳していますが、正しくはマルハナバチです。

テンポ感、リズム感

私はフルートの個人レッスンを受けていますが、先生が、

  フルートのような旋律楽器の人は、一定のリズムに乗って演奏するのが
  苦手なことが多いので、リズム楽器の人と一緒に演奏すると
  注意されることがある

というお話をされたことがあります。

これは、歌(ソロ)についても言えることですが、
一人でフルートを吹いたり、歌ったりしていると、どうしても

  自分のリズムでやってしまうので、テンポを揺らしてしまう

傾向があるのだと思います。

そこで、メトロノームの助けを借りて練習したりする訳ですが、
実際の演奏では、テンポを揺らしたり、変えたりすることもあるので、
曲によってはやりにくい場合もあります。

私の場合、ピアノなどの伴奏があると、伴奏を聴きながら演奏できるので、
一人の時よりもテンポが安定して、演奏もやりやすくなるのですが、
「伴奏があるとやりにくい」という人もいるようです。

最近、合唱を再開しましたが、やっている曲が

  バッハのロ短調ミサ

ということもあって、大部分は

  一定のリズムに乗って、歌わないといけません

そのせいかどうかわかりませんが、最近、

  フルートを吹く時のテンポ感も安定してきた

ように感じます。

  無伴奏の曲

を演奏する場合は、伴奏とか他の人に頼るわけにいきませんが、
無伴奏の曲であっても、一定のリズムに合わせて演奏する練習を
やっておくと、テンポが体に染みついて、安定した演奏ができるように
なるような気がします。

旋律楽器とリズム楽器

歌もそうですが、私が最近やっているフルートは、
基本的に2つの音を同時に出すことができない旋律楽器です。

また、自分の息を調節して音程をとらないといけませんし、
自分の身体も使って音を響かせたりもしますから、
歌とフルートには非常に多くの共通点があります。

   ・・・というか、基本は同じだと、私は思っています。

さて、フルートの先生によれば、
旋律楽器の奏者は、リズムやテンポを揺らす傾向があって、
リズム楽器と一緒に演奏するとそれがよくわかるのだそうです。

これは、声楽家にも言えることで、
フルートと歌のアンサンブルをやると、
歌の人はフルートよりももっと揺らすので、
合わせるのに結構、苦労することもあるのだとか。

歌もフルートも、「歌えば歌うほど」ますます、
リズムやテンポを揺らしてしまうことになるので、
アンサンブルをやるときは、注意しないといけません。

私もリズムやテンポを勝手に揺らしてしまう傾向があって、
フルートのレッスンではいつも注意されながら、
修正しています。

ピアノなどといつでもアンサンブルができる環境にあれば、
すぐに慣れるような気もするのですが、
私の場合、レッスンの時以外、アンサンブルをする機会は
今のところありませんから、一人で練習するときは、
メトロノームを使うか、自分の足でリズムをとりながら
フルートを吹くことになります。

でも、途中でリタルダンドをかけたり、テンポが変わることも
ありますから、他の楽器と生でアンサンブルができるのが、
理想ですね。

More...

Home > 演奏法

Search
Feeds

Page Top