Home > 楽器

音楽の部屋 Let's enjoy music!

ピアノの調律

現在、自宅にあるピアノはカワイのエンペラーというアップライトピアノです。
以前は、毎年、調律していたのですが、今の家に引っ越す前に
住んでいた家では、ピアノを弾ける環境ではなかったため、
ほとんど弾かれることもなく、調律もしないで5年ほど放置されていました。

昨年、久しぶりに調律してもらったのですが、
保管状態がよかったみたいで、思っていたほどの問題はなく、
フルートの練習にもこのピアノを活用しています。

今日は、一年数ヶ月ぶりに調律して頂いたのですが、
今回も大きな問題はなく、内部までしっかり掃除して
綺麗なピアノになりました。

最近はフルートを練習することが多いので、
私はあまりピアノを弾くこともありませんが、
たまには弾いて、気分転換をしたいと思います。

フラウト・トラヴェルソ

私がフルートを始めたのは昨年の6月なのですが、
今年に入ってからアンサンブルの指導をして下さっている
先生のところで、フラウト・トラヴェルソを吹かせて頂きました。

思ったよりも簡単に音が出たことや、

 金属のフルートとは違う、柔らかい木の響きもいいなぁ

と感じ、興味が沸きました。

その後、レッスンでテレマンの12のファンタジーを吹いていると、

 「トラヴェルソをやっている人が、よくそういう吹き方をします。」

とか

 「その吹き方は、トラヴェルソに向いていると思います。」

と仰っていたのですが、
私は絶対にトラヴェルソもやると確信されたのか、

 「トラヴェルソを教えられるように、私も練習しておきます。」

とまで言われてしまいました (^_^;

そこまで言われたら、もうやるっきゃない ですから、
掘り出し物を探していたのですが、幸運にも、状態のよい
トラベルソをお買い得価格で入手することができました。

バロックピッチ(415)とモダンピッチ(440)の替管が
ついているので、アンサンブルをするときも
便利だと思います。

日本人の方が製作されたものだったので、
金属アレルギーが起こらないように、キーを交換してもらって
いたのですが、今日、楽器が手元の届きました。
ちょっと吹いてみましたが、なかなかいい感じです。

1月にフルートの発表会があるので、それまでは
モダンフルートに専念しようと思いますが、
それが済んだら、少しずつ練習をして、
トラヴェルソも吹けるようになりたいと思っています。

More...

Home > 楽器

Search
Feeds

Page Top