Home > 合唱団の練習 > バロックの歌い方

バロックの歌い方

昨日は、千里バッハ合唱団の練習でした♪

昨日は自主練習の最初の方から参加したのですが、
団員の集まりが悪く、1stソプラノが誰も来ていなかったこともあって、
自主練習では主に最後の4声の部分をやりました。

最初、テノール、ベース、アルトは3人ずつしかいなくて、
少人数で歌っていましたが、こういうのもいいものです♪

こういう少人数での練習を時々やった方が、

   全体のレベルも上がっていいんじゃあないか

と私は思うのですが、大所帯なので、なかなかそういうこともできないのでしょう。

さて、本練習の方は、今日も

  J.S.Bach の モテット No.1

をやりましたが、今日は一応、全部やりました♪

言葉もだいぶつきましたが、まだ前半に大きな問題箇所が残っているので、
次回はこの部分を中心に練習することになるのでしょう。

  ・・・・久しぶりに、ヴォーン・ウイリアムスのミサ曲 もやると仰ってましたが。。。

で、練習の中で、

   長くのばす音符が、大きすぎ!

という注意がありました。

   長い音符は、最初だけしっかり聞こえれば、後は抜いていい・・・
   それよりも、16分音符がしっかり聞こえるようにしないとダメ

ということです。似たようなことを、ちょうどフルートのレッスンでも言われたので、

   思わず、苦笑

したのは、私だけだったハズですが・・・(^_^;

また、

  四分音符が滑るのは、裏拍を感じていないから

という注意もあって、これまた、

  フルートのレッスンで言われたことと同じ

だったので、

   またまた、苦笑

したのは、やっぱり、私だけでしょうね (^_^;

   合唱も メトロノーム付き で練習したらいいのに・・・

と思ったのも、やはり、私だけだったに相違ありません (^_^;;;;;
Comment Form

Home > 合唱団の練習 > バロックの歌い方

Search
Feeds

Page Top