Home > 演奏会 > 東京公演での立ち位置

東京公演での立ち位置

今日は、合唱団の特別練習で、ほぼ3時間、みっちり歌ってきました。

後は、水曜日にオケ合わせをしたら、土曜日に東京・紀尾井ホールで本番です♪

なかなか発表されなかった東京での立ち位置が発表されました。

紀尾井ホールでは、ソリストも合唱団も、ひな壇に上がります。
客席から見て右側にアルト、左側にソプラノ、中央前列に4人のソリスト、
その後ろにテノールが2列、更にその後ろにベースが2列という配置です。

私はテノールの最前列の端で、
前にはソリスト、後ろと横はアルトという位置で歌います。

今回も、フルートの先生方と同じステージに立てるので、
真剣に、でも楽しみながら歌いたいと思います♪
Comment Form

Home > 演奏会 > 東京公演での立ち位置

Search
Feeds

Page Top