Home > 合唱団の練習 > 声を飛ばす

声を飛ばす

昨日は、合唱団の練習日でした。

だんだん、本番が近づいてきたこともあって、
指揮者の先生(=団長)から、いろいろと細かな指示が出るようになってきました。

一部の曲はテンポもだいぶ速くなってきたので、
ちょっとでも気を抜くと置いて行かれます。

最近、特に言われるのは、

  強さではなく、響き

ということですが、これって、私が最近、フルートの吹いていて強く思うことと同じです。

ふだんの練習をしている会場は、響きが悪いのですが、
自分の声がホールの向こうまで飛んで行くのが「見える」ように歌うよう、
何度も繰り返し言われました。

そんな風に言われると、本気モードになってしまいますので、
ちょっと声が大きかったかな・・・と思いつつ、
たっぷり響かせるべきところは響かせて歌いました。

響きが悪い部屋でも、自分の声が飛んでいくのを「聴く」のは気持ちがいいものです ♪

先日の6時間練習の時、ちょっと声の出が悪かったので、
時々立って歌ったのですが、今日は久しぶりにずっと立って歌いました。
やはり、座って歌うよりも、声が楽に出せるので、私は立って歌う方が好きですね。
Comment Form

Home > 合唱団の練習 > 声を飛ばす

Search
Feeds

Page Top