Home > 発声法 > 高音域の発声(補足)

高音域の発声(補足)

前回、以下のように書いたのですが、

> 最高音はHですが、この高さはほぼ私の限界ですから、
> いい加減な発声をすると喉を痛めてしまいます。

これは、胸声を交えて歌える限界・・・という意味です。

胸声というのは、いわゆる地声に近いものだと思って
頂ければよいでしょうか。

高音域になると、ファルセット(頭声、いわゆる裏声)を交えて
歌っているのですが、胸声が混じっていれば、
芯のある声(きちんと当たった声)が出ますが、
無理をすると喉(声帯)を傷めてしまうので、
限界だな・・・と感じた時点でファルセットだけで
歌うように切り替える訳です。
(実際には、いちいち考えてやっている訳ではありませんけど)

ファルセットだけになると、
ふつうは弱々しい、かすれたような声になってしまうのですが、
この時、喉の奥(鼻腔も含め)をしっかり空けやると、
そこで音が響いてくれるので、
ある程度、芯のある声を出せるようになります。

これが、カウンターテナーの声になると思います。
で、これを使うと、アルトと似た声を出せるので、
アルトのパートを男性が代わりに歌う時などには使えます。

大学生の時、たまにそういう練習というか、遊びみたいなことも
合唱団でやった記憶があります。

独唱の場合は、ふつうは、なるべく胸声を混ぜた声で歌った方がいいので、
多少無理してでも、胸声が混じった声で歌うようにしていますが、
合唱の場合は人数も多いですから、あまり無理をせず、
早めにファルセットだけにしてしまった方がいいような気がします。

その時に、そのテノールのパートが何を求められているか
にも、よるわけですが。

授業中に、ちょっといたずらをして、
カウンターテナーの声を使って話したりすると、
ほとんどの人は、

  「えっ?」

という顔をしてくれるので、面白かったりします (^_^;
Comment Form

Home > 発声法 > 高音域の発声(補足)

Search
Feeds

Page Top