Home > 気をつけたいこと > 声楽メモ♪

声楽メモ♪

ここ数年、自分でも合唱や独唱をする機会が増えましたが、

いろいろな方々の演奏を聴く機会も、それ以上に増えました☆

自分用のメモですが、ご参考までに。。。

1)ストレスなく聴ける高音☆

   すごく高い声が出ていても、締め付けた声や金属的な声は、

   心地良く聞こえない。

   どんな高音でも、ストレスなく聴ける声が、私は好きだな。。。

2)籠もった声より、響いた声☆

   アルトやバスの歌手には、

   上手いんだけど、籠もった「いい声」で歌う人も少なくない。

   私は、アルトやバスでも、「高い響きを伴った声」が好きだな。。。

   もちろん、必要に応じて使い分けられた方がいいけれど。

3)高音も、低音も大事☆

   高音は素晴らしいのに、少し低音になった途端、

   言葉や声が聞こえなくなる歌手は、結構多い。

   そういう演奏を聴いても、感動が薄いのは、

   「言葉が伝わって来ない」からじゃないかと思う。

  高音域と同じくらい、低音域も響かせて、

  言葉がハッキリ聞こえるように、練習しないと。。。

4)拍を数えてるって、わかる演奏はちょっと。。。

  これは声楽に限ったことじゃないけど、

  拍を数えてるなってわかる演奏は、

  単調で面白くないと感じることが多い。。。

5)何語で歌っているのかわからないのは。。。

  外国語は難しいけれど、

  何語なのかわからないのは、

  やっぱりまずい。。。。

  フランス語も難しいけど、

  実は、英語も意外と難しい。。。

  外国語は母音もだけど、

  子音は特に大切。。。

6)全ての音を同じ響きで。。。

  これも歌に限ったことではないけど、

  高音から低音まで、

  同じ響きで歌えるようになるのが理想。。。

  難しいけど、研究&練習あるのみ。。。

7)響きは完璧でも。。。

  でも、響きをそろえる事に気を取られ過ぎると、

  歌が単調になってしまうこともある。。。

  難しいですね、バランスが。。。

8)苦手な母音をなくす。。。

  日本語の歌であっても、

     「あいうえお」

  を同じ響きで綺麗に歌える人は、意外と少ない。

  私は「い」が、いちばん苦手だけれど、

  どの母音が苦手かは、人それぞれ。。。

  日本人には 「う」 が難しいという人もいるけれど、

  意外と難しいのが

    「あ」

  なのよね。。。 

☆というわけで、

  私も気をつけます!!
Comment Form

Home > 気をつけたいこと > 声楽メモ♪

Search
Feeds

Page Top