Home > 気をつけたいこと > マスクをして歌うと

マスクをして歌うと

今年は花粉&黄砂に加え、PM2.5の影響もあってか、

アレルギーの症状が気管支にも来ていて

外出時はずっとマスクをしています。

マスクを外すと喉などが乾燥して咳が出やすくなるため、

  合唱の練習中もほとんどマスクをしたまま歌っています

し、3月にあった

  演奏会のリハーサル、ゲネプロでもマスクをしたまま歌いました。

マスクをすると呼吸がしにくくなるので、

  ブレスが続きにくくなる

とか、

  声がこもった感じになる

といったデメリットがありますが、

  咳き込むよりはいい

ですし、風邪の予防にもなるので、わがままさせてもらっています。

また、呼吸が難しくなる分、

  ブレスをしっかるとるトレーニング

にもなっています。歌う時はそれほどでもありませんが、

  早足で歩いたり、小走りするような時にもマスクをしている

ので、これはかなりの負荷になります。

私はマスクをし始めてもう何年も経つのですが、

  最初の頃は、マスクをしたまま走るのは息苦しくて無理でした。

でも、最近は

  マスクをしたまま階段や坂道を登ったり、少しなら走っても大丈夫

になりました! \(^ ^)/
Comment Form

Home > 気をつけたいこと > マスクをして歌うと

Search
Feeds

Page Top