Home > 合唱団の練習

合唱の練習メモ Let's sing together!

マタイ受難曲☆

ある方からお誘いを受けて、来年、3月にある

   マタイ受難曲の演奏会

のための練習を見学して来ました。

   男声が少ないので。。。

というお話しでしたが、たくさんおられてビックリ!

   参加しなくても大丈夫そう・・・

とも思ったのですが、

   本番、練習日とも、奇跡とも言えるくらい私の予定とずれ

ていましたし、練習初日にも関わらず

   なかなか良い感じで練習が進んでいた

こともあり、また、知った方も何人かおられたので、

   参加することにしました♪

最近、テノール歌ったり、ベース歌ったりしているのですが、

   マタイはChorusI のテノール

で行けそうです☆ 

   ・・・ II も かな。。。

久しぶりに。。。

日曜日は久しぶりにバッカスコンソートの練習に行って来ました♪

12月初めにあった本番に参加できないのと、

同じく12月に宝塚ベガホールであったクリスマス・オラトリオの演奏会の練習日と被っていたため、

しばらく休団していました。

クリオラをやった阪神古楽倶楽部の方もまた今年の演奏会に向けて練習を続けるということでしたが、

そちらで練習する曲は他の合唱団でやったことがあったり、今も練習している曲ですし、

バッカスと練習日&時間が被っているため、

バッカスの方で少人数のアカペラを楽しみたいと思います♪

日曜日の練習は、風邪が完治していないため軽めに歌いました。

  Monteverdi の Cantate Domino
 Hans Leo Hassler の Agnus Dei

の楽譜をもらって、初見で歌いましたが、

こういう曲を少人数のアカペラで歌うのは、心地良いですね♪

クリスマス・オラトリオの練習♪

今日は、2つの合唱団のクリスマス・オラトリオの練習が重なってしまったため、

  来年、8月に全曲を演奏する LA FENICE

の方の練習に参加してきました♪

  今日は、6日目を練習した

ので、これで、一応、全曲、やったことになりますが、

  特に男声は参加者が少ない

ので、まだまだいっぱい練習が必要です♪

もう1つの方は、12月17日に3日目までを演奏しますが、

  こちらも一通り譜読みは終わっている

ので、仕上げに向けた練習に入ったハズです♪

合唱団員募集中♪

1週間ほど前からちょっと風邪気味だったのですが、

数日前から悪化した上に、仕事もちょっとハードだったので、

昨日のロ短調ミサの練習はお休みしました・・・><

千里バッハ合唱団では、

   ロ短調ミサの演奏会を4年前にも大阪と東京でやった

のと、次の演奏会が

   来年、2013年4月28日(日) 兵庫県立芸術文化センター 大ホール

と練習出来る期間がいつもの年より短いこともあって、

   譜読みは、かなりのハイペース

で進んでいます。はじめての方は大変なので、

   はじめて歌う方のための練習

というのも、別に設けられています。

で、どこの合唱団も同じなのですが、

   男声がもう少しいれば・・・

という状況です。今なら、まだ間に合いますので、

   一緒に歌ってみたい!

という方がおられましたら、是非、一度見学にいらしてください♪

詳細は、

   千里バッハ合唱団のホームページ

をご覧頂ければ幸いです♪

クリスマスオラトリオ♪

昨日は、2つの合唱団のクリスマスオラトリオの練習に参加してきました☆

1つ目は、 小玉晃さんが指導されている LA FENICE で、

来年、8月に クリスマスオラトリオ 全曲を演奏する予定です。

演奏会の日程と会場もほぼ決まりましたが、確定しましたら、またお知らせします。

昨日は1回目の練習だったのですが、第1部(1日目)の譜読みが終わりました♪

ソプラノは人数が多いのですで募集していませんが、

   アルト、テノール、バスは団員を大募集中!

ですので、興味がある方は、是非、ご参加ください♪

   小玉晃さんの丁寧な指導が受けられるのも、魅力です!!

もう一つの方は、

   今年の12月17日(月)に宝塚ベガホールである演奏会

のために作られた合唱団で、真木喜規さんが指導されています。

こちらは、6月から練習が始まっていたそうですが、私は今月から練習に参加することにしました。

こちらの演奏会は、第三部(3日目)までをやるそうなので、

来年の演奏会に向けてよい経験になるかなと思い、参加することにしました。

----------------------------
☆2012年12月17日(月)

阪神古楽倶楽部 バッハとクリスマス
時間: 19:00~21:30
場所: ベガ・ホール
内容: 地域住民と若手音楽家が一体となって企画する演奏会。

第一部 Ensemble XiiTaのクリスマス
 Deck the Hall、We Wish You a Merry Christmas 他
第二部 バッハとクリスマス
 J.S.バッハ作曲《クリスマス・オラトリオ》第一部~第三部

入場料 3,000円(前売2,500円)
連絡先: Ensemble XiiTa 田中さん(080-3762-4643)
----------------------------

クリスマスオラトリオは、バッハの中で一番好きな曲なので、

   今からワクワクしています☆

LF LENICEの前日練習会場が変更に!

本番前日の7月14日(土)の練習会場ですが、変更になりました!

新しい会場は

  大阪音楽大学「O館 101号室」 阪急「庄内」下車 徒歩13分

で、少し離れた別館になります。

アクセスマップ


大阪音大キャンパスマップ


私も間違えないようにしたいと思います (^_^;

練習時間は13:30~16:30ですが、延長の可能性あり・・・とのことです☆

女声と男声のバランス・・・

所属している3つの合唱団の本番が近いのと、9月に参加するオペラの練習も始まったため、

このところ、週2回近いペースで合唱の練習があります♪

どの合唱団でもそうですが、

   女声に比べ、男声が少ない

という悩みを抱えています。

   女声:男声 が 2:1

くらいなのは、まだマシな方で、

   女声:男声 が 4:1

くらいになっていることもあります。練習日によっては男声の参加者が少なくて、

   女声:男声 が 5:1

くらいで歌わないといけないことも。。。

そんな訳で、どこでも

   男性の方が女性よりも、しっかり声を出す

ようにしないと、全体のバランスが悪くなってしまいます。

   f (フォルテ) で歌う時

は、それであまり問題ないのですが、

   問題は、p (ピアノ)や pp で歌う時・・・

人数が少ないのに、

   落としすぎると女声に埋もれて聞こえなくなってしまう

からです。そこで

   響いた声なら、多少大きくても大丈夫

だと考えて

   やや大きめの声で歌うようにしている

のですが、まわりの人には

   声、大きすぎ・・・と思われているかもしれません。

でも、

   大きすぎたら、指揮者さんから指導が入るハズ

なので、

   客席の最後列まで声が聞こえるように歌う

ことを心がけていきたいと思います♪

   少人数の合唱なら、みんなの声が聞こえる

ので、

   周りの声を聴きながら自分で調整できます

が、

   100人規模の合唱

になると

   歌っている時には、全体の声は聞こえない

ため、

   聴きながら調整するのは困難です。

合唱の人数が多くなればなるほど、

   指揮者の役割が重要

ということになりますね♪

More...

Home > 合唱団の練習

Search
Feeds

Page Top