Home

合唱の練習メモ Let's sing together!

復興支援コンサート"Harmony for JAPAN 2015"

久しぶりの投稿です。

昨年後半以降もいくつか合唱の本番があり、

今年も1月6日に「子供と魔法」が神戸のうはらホールで、
1月18日には「バッカスコンソート第1回演奏会」が神戸朝日ホールでありました。

さて、今年は3月7日・8日に京都の長岡京記念文化会館である

  復興支援コンサート「Harmony for JAPAN 2015」
   ~届け!この願い、気高く咲ける永遠の花に。~

の合唱にも参加します。お時間ございましたら、是非、応援に来てください!!

-------------

復興支援コンサート「Harmony for JAPAN 2015」
~届け!この願い、気高く咲ける永遠の花に。~

  会期 :2015年3月7日(土)~3月8日(日)
  会場 :京都府長岡京記念文化会館
 入場料: 1,500円(二日通し券) パナムジカコード CKHJ15

    ※チケットのお求めの方はパナムジカサイトでお願いします☆

 ********************

第1日 「Chorus Concert ~ 祈り・願い・そして希望4 ~未来への歌声」 日時:2015年3月 7日(土) 17時30分~21時

  ☆公募合唱団によるステージ
     (出演団体・順不同)
      立命館大学混声合唱団メディックス、岸和田少年少女合唱団、
      大阪府高等学校合同合唱団、舞鶴市立加佐中学校合唱部、
      京都市立西京極中学校音楽部

  ☆東北の合唱団と共に過ごすステージ
    (出演団体・順不同)
      福島県農業高校合同合唱団
      福島県南相馬市立小高中学校特設合唱団
      福島県双葉郡大熊町立大熊中学校特設合唱団

  ☆「群青」(吹奏楽伴奏版) 編曲:信長貴富 初演
      指揮:本山秀毅
      合唱:東北&関西の中高生合同合唱団
      吹奏楽:長岡京市立長岡中学校吹奏楽部

  ☆「ジョン・ラターを日本語&オーケストラで歌おう!」
      このうるわしき大地に/ 素晴らしきものすべてを
      ルック・アット・ザ・ワールド~世界はたからもの~
      永遠の花(HfJ 委嘱・日本語オーケストラ版初演)

      指揮:本山秀毅
      Harmony for JAPAN 2015 合唱団&管弦楽団

***********************

第2日 「ハートフル・コンサート」 日時:2015年3月8日(日) 11時~18時30分

  ☆東北の合唱団と共に過ごすステージ
     (出演団体・順不同)
      福島県農業高校合同合唱団
      福島県南相馬市立小高中学校特設合唱団
      福島県双葉郡大熊町立大熊中学校特設合唱団

  ☆公募合唱団によるステージ
     (出演団体・順不同)
      合唱団「葡萄の樹」、混声合唱団 京都木曜会、
      アンサンブル エヴォリュエ、Sotto Voce、
      大阪センチュリー合唱団、クロワール&KC ユースクローバー、
      合唱団 西木屋町、女声合唱団 レガーテ、クリトメリア、
      京都シティーフィル合唱団、女声合唱団「結」、
      あふみヴォーカルアンサンブル、合唱団《ロンド・ハルモニア》、
      敦賀市民合唱団、岐阜大学コーラスクラブ、
      Ensemble la luce、フォンテーヌ声楽アンサンブル、
      京都西山コールアカデミー、京都鴨川混声合唱団、
      民謡合唱団 篝、コールアムゼー、京都バッハ合唱団、
      混声合唱団 福井コールアカデミー、
      合唱団LABO、合唱団おとくに

  ☆「オーケストラと歌う信長貴富作品3」
      群青 / こころよ うたえ / 夕焼け / くちびるに歌を

       指揮:本山秀毅
       Harmony for JAPAN 2015 合唱団&管弦楽団

バッハ「クリスマス・オラトリオ」の演奏☆

昨年、8月に「いたみホール」であった
LA FENICEのクリスマス・オラトリオの演奏会の
音源、冒頭部分だけですがアップされました♪



----------------
LA FENICE 第3回演奏会
バッハ「クリスマス・オラトリオ」
2013.8.24 
いたみホール 大ホール

指揮・合唱指導・バス:小玉晃
ソプラノ:松下悦子
カウンターテノール:青木洋也
テノール:畑儀文
演奏:LA FENICE
管弦楽:大阪チェンバーオーケストラ

録音:スーヴニール

声楽メモ♪

ここ数年、自分でも合唱や独唱をする機会が増えましたが、

いろいろな方々の演奏を聴く機会も、それ以上に増えました☆

自分用のメモですが、ご参考までに。。。

1)ストレスなく聴ける高音☆

   すごく高い声が出ていても、締め付けた声や金属的な声は、

   心地良く聞こえない。

   どんな高音でも、ストレスなく聴ける声が、私は好きだな。。。

2)籠もった声より、響いた声☆

   アルトやバスの歌手には、

   上手いんだけど、籠もった「いい声」で歌う人も少なくない。

   私は、アルトやバスでも、「高い響きを伴った声」が好きだな。。。

   もちろん、必要に応じて使い分けられた方がいいけれど。

3)高音も、低音も大事☆

   高音は素晴らしいのに、少し低音になった途端、

   言葉や声が聞こえなくなる歌手は、結構多い。

   そういう演奏を聴いても、感動が薄いのは、

   「言葉が伝わって来ない」からじゃないかと思う。

  高音域と同じくらい、低音域も響かせて、

  言葉がハッキリ聞こえるように、練習しないと。。。

4)拍を数えてるって、わかる演奏はちょっと。。。

  これは声楽に限ったことじゃないけど、

  拍を数えてるなってわかる演奏は、

  単調で面白くないと感じることが多い。。。

5)何語で歌っているのかわからないのは。。。

  外国語は難しいけれど、

  何語なのかわからないのは、

  やっぱりまずい。。。。

  フランス語も難しいけど、

  実は、英語も意外と難しい。。。

  外国語は母音もだけど、

  子音は特に大切。。。

6)全ての音を同じ響きで。。。

  これも歌に限ったことではないけど、

  高音から低音まで、

  同じ響きで歌えるようになるのが理想。。。

  難しいけど、研究&練習あるのみ。。。

7)響きは完璧でも。。。

  でも、響きをそろえる事に気を取られ過ぎると、

  歌が単調になってしまうこともある。。。

  難しいですね、バランスが。。。

8)苦手な母音をなくす。。。

  日本語の歌であっても、

     「あいうえお」

  を同じ響きで綺麗に歌える人は、意外と少ない。

  私は「い」が、いちばん苦手だけれど、

  どの母音が苦手かは、人それぞれ。。。

  日本人には 「う」 が難しいという人もいるけれど、

  意外と難しいのが

    「あ」

  なのよね。。。 

☆というわけで、

  私も気をつけます!!

8月3日(日)は芸文センターへ~♪

今度の日曜日、8月3日(日)は、合唱団 LA FENICE のダブル レクイエムの演奏会です☆

指揮は小玉 晃さん、ソリストも豪華なメンバー☆

今年も大阪チェンバーオーケストラと一緒に演奏します♪

今回は、合唱の配置もとてもユニークですので、

お時間、ございましたら、是非、聞きにいらしてください☆

チケット、ご入用の方は私までメールでお知らせくださいませ♪

----------------
Requiem × Requiem Vol.2 ふたつのレクイエム、時を超えて



 日時:2014年8月3日(日)14:00~
 会場:兵庫県芸術文化センター KOBELCO大ホール

<出演>
  指揮:小玉 晃
  ソプラノ:松下悦子
  カウンターテノール:青木洋也
  テノール:北村敏則
 バス:井原秀人
 合唱:LA FENICE
 管弦楽:大阪チェンバーオーケストラ

<曲目>
  モーツァルト:レクイエム
  ラター:レクイエム

<料金>
  S席 2500円 学生2000円
 A席 2000円 学生1500円

東日本大震災復興支援ソング♪

  • 2014-05-19 (Mon)
東日本大震災支援チャリティーコンサートで歌った曲を

いくつかYouTubeにアップしました♪

ライブ録音なので、いろんな音が聞こえるものもありますが、

良かったら、聴いてみてください♪











4月20日(日)のチャリティーも無事に!

4月20日(日)に神戸で開催した2つのチャリティーコンサートも無事に終わりました♪

私は、13:00のコンサートで、今回はよく知られた日本語の曲を歌わせて頂きましたが、

ピアノの藤本淳子さんの伴奏に加えて、一部の曲は大塚裕紀子さんにお願いして、

フルートも一緒に吹いて頂き、楽しく歌うことができました☆

会場の皆さんと一緒に歌うコーナーでは、橋爪万里子さんたちの合唱も加わって

なかなか盛り上がりました♪

終演後には、お褒めの言葉も頂いて、とても嬉しく、

  次もまた頑張ろう!

と思いました☆ 皆さま、本当にありがとうございました!

マスクをして歌うと

今年は花粉&黄砂に加え、PM2.5の影響もあってか、

アレルギーの症状が気管支にも来ていて

外出時はずっとマスクをしています。

マスクを外すと喉などが乾燥して咳が出やすくなるため、

  合唱の練習中もほとんどマスクをしたまま歌っています

し、3月にあった

  演奏会のリハーサル、ゲネプロでもマスクをしたまま歌いました。

マスクをすると呼吸がしにくくなるので、

  ブレスが続きにくくなる

とか、

  声がこもった感じになる

といったデメリットがありますが、

  咳き込むよりはいい

ですし、風邪の予防にもなるので、わがままさせてもらっています。

また、呼吸が難しくなる分、

  ブレスをしっかるとるトレーニング

にもなっています。歌う時はそれほどでもありませんが、

  早足で歩いたり、小走りするような時にもマスクをしている

ので、これはかなりの負荷になります。

私はマスクをし始めてもう何年も経つのですが、

  最初の頃は、マスクをしたまま走るのは息苦しくて無理でした。

でも、最近は

  マスクをしたまま階段や坂道を登ったり、少しなら走っても大丈夫

になりました! \(^ ^)/

More...

Home

Search
Feeds

Page Top