♪ フルートのコンサート・メモ ♪
    Memorandum of the flute concerts
 
    フルートカルテット(フルート:宇田有美子、南部靖佳、大塚裕紀子、渕上香織)
    2008年9月23日 PIA Julien

      <演奏>

        フルート:
          宇田有美子・南部靖佳・大塚裕紀子・渕上香織
      <曲>

        <前半>
          愛の挨拶
          フルーツパフェ組曲
          ドビュッシー小組曲
        <後半>
          エンターテイナー
          想い出は銀の笛
          笛吹きたちの休日

        <アンコール>
          赤とんぼ

    ● 感想 ●

      神戸・三宮のピア・ジュリアンで、クラシック・ライブをやっている貴重なお店で、フルートを指導して頂いている先生方も出演されていますが、ここでの演奏はお聴きしたことがありません。

      今回、関西で活躍中の4人の若いフルーティストによるカルテットライブがあるというので、行ってみました。

      4人のうち、宇田有美子さんの演奏は拝聴したことがありますが、他の方の演奏を聴くのは初めてです。南部靖佳さんは、今年のびわ湖国際フルートコンクールで第2位に入賞されたそうで、どんなフルートを吹かれるのか楽しみにして行きました。

      演奏は、19:30〜 と 21:00〜 の2回ということになっていたので、てっきり同じ演奏を2回やるのだと思っていたのですが、1回目(前半)と2回目(後半)では違う曲をやると知って愕然としました。翌日の仕事の準備もあり、1回目だけを聞いて帰宅することにしていたからです。事前にプログラムが分かっていたら、後半も聴けるように準備をしておけたのに・・・と思うと、残念でなりませんでした。

      という訳で、私が聴くことができたのは前半のプログラムだけだったのですが、演奏はほぼ期待通りのよい演奏でした。

      「愛の挨拶」と「フルーツパフェ組曲」は、ふつうのフルートによるカルテットでした。「フルートパフェ組曲」は初めて聴きましたが、なかなか楽しい曲でした。

      「ドビッシー小組曲」では、渕上香織さんがアルトフルートを吹かれたこともあり、より厚みのある演奏になって、私が聴いた中では、これがいちばんよい演奏だったと思います。

      フルートの音は、やはり南部さんと宇田さんのフルートが力強く、張りのある音色がよく響いていたと思います。

Netscape Navigator ver.7.0以上 または Microsoft Internet Explorer Ver.5.0以上をご利用下さい。
許可なく、掲載された情報の全部または一部の複製や転載、また出版、放送等の二次使用をすることは禁止します。
PEN、チ、网s。。、ヌ。チ、ケ。ェ Email:メール
  URL:http://www2h.biglobe.ne.jp/~pen/
(C)Copyright 2007, Create PEN
All Rights Reserved
No reproduction or republication without written permission.