♪ フルートのコンサート・メモ ♪
    Memorandum of the flute concerts
 
    管弦楽 of OSC ベストセレクト Vol.23(フルート:北崎一恵)
     2008年8月25日 ドルチェ・アーティスト・サロン大阪

      <演奏>

        フルート:
          北崎 一恵
        ヴィオラ:
          山村 茂
        オーボエ:
          古橋 佳世・八上 裕美
        クラリネット:
          徳元 由加
        ファゴット :
          植田 志穂
        ピアノ・電子チェンバロ:
          内田 博世
      <曲>

        バッハ ブランデンブルグ協奏曲三番(四重奏曲版) G-dur、BWV1048
          2オーボエ、ヴィオラ、ファゴット、電子チェンバロ
        ハイドン ピアノ三重奏 G-dur Hob.xv.25
          ピアノ、ヴィオラ、ファゴット
        ベートーヴェン 四重奏曲 D-dur op.18-3
          フルート、クラリネット、ヴァイオリン、ファゴット

    ● 感想 ●

      フルートの北崎一恵さんらによる管弦楽のコンサートが大阪梅田のドルチェ楽器であることを知り、聴きに行きました。

      最初の曲は、バッハのブランデンブルグ協奏曲第3番で、ローランドの電子チェンバロが使われました。演奏前のチューニングの時に、チェンバロのA(ラ)を弾かれました。音が小さめで「やりにくいのでは?」 と思いましたが、別にクロマチックチューナーも見ながら音あわせをされていたようです。
      さて、演奏が始まりましたが、チェンバロの音に対して、オーボエとファゴットの音量が大きいように思いました。ドルチェ楽器のサロンは小さい会場なので、全体的に音量をもう少し押さえた方がよいと思いましたが、第二楽章に入ると修正されて全体のバランスがよくなりました。
      帰宅後、北崎さんのブログを読んで知ったのですが、当初のプログラムではチェンバロは使わないことになっていたようですが、会場に行ってから電子チェンバロが使えることがわかったため、ピアノの内田博世さんが急遽、チェンバロを弾くことになったようです。最初、全体のバランスが悪いと感じたのは、たぶん、事前の合わせが十分にできなかったためなのでしょう。

      2番目の曲は、ハイドンのピアノ三重奏なので「どうするのだろう」と思っていましたら、係の方が電子チェンバロを隅の方にかたづけて、手際よくグランドピアノを設置されました。グランドピアノの屋根が大きく開けられていたので、音量を心配したのですが、演奏が始まってみるとピアノの音はやや控えめで、会場に見合ったほどよい音量で弾かれていました。しかし、ピアノの以外の楽器の音量がやはり大きいように思いました。
      ファゴットは音量は少しだけ大きめでしたが、ずっとよい音で演奏されていたと思います。一方、ヴィオラは途中まで音が十分響いていないように感じていたのですが、ハイドンの第二楽章に入ってから、急によくなりました。第二楽章はテンポも比較的緩やかで、自分の楽器の音も、他の楽器の音もしっかり聴きながら演奏できたからかもしれません。
      これ以降は、全体のバランスもよくなって、心地良い演奏が続きました。

      休憩を挟んで、最後のベートーヴェンの四重奏曲の演奏が始まりました。今回の演奏会でフルートが登場するのはこの曲だけなので楽しみにしていましたが、期待通りの演奏でした。帰宅後に、北崎さんのブログを読んで、通常はヴァイオリンで演奏するパートをフルートで吹かれたことを知りましたが、4つの楽器(フルート、ヴィオラ、クラリネット、ファゴット)のバランスも、全体の音量も適当で倍音もよく聞こえていて、今回演奏された中でいちばんよかったと思います。
      アンコールの曲は用意されていなかったようですが、演奏者の方々のお話が一度もなかったのは、ちょっと残念でした。ちいさな会場で観客との距離も非常に近いので、演奏される曲について、あるいは今回、競演されたお仲間のことなど、簡単でもいいので説明されれば、もっとよかったのではないかと感じました。

      機会があれば、また演奏会を聴きに行きたいと思います。

Netscape Navigator ver.7.0以上 または Microsoft Internet Explorer Ver.5.0以上をご利用下さい。
許可なく、掲載された情報の全部または一部の複製や転載、また出版、放送等の二次使用をすることは禁止します。
PEN、チ、网s。。、ヌ。チ、ケ。ェ Email:メール
  URL:http://www2h.biglobe.ne.jp/~pen/
(C)Copyright 2007, Create PEN
All Rights Reserved
No reproduction or republication without written permission.